アメリカンワッフルのレシピ(作り方)

アメリカンワッフルの作り方

スポンサードリンク

以前紹介した「ベルギーワッフル」は、上手に作ることができましたか?

時間をかけてイーストで発酵させる生地は、カリッとふんわり。ザラメ砂糖の歯触りが美味しさをアップさせるものでしたね。

さて、ここでは時間も作業も大幅に短縮させて出来上がる「アメリカンタイプ」のワッフルを作ってみます。

生地作りの工程は混ぜるだけ。忙しいときや急いでいる朝にもスムーズに作ることができるでしょう。

ふわっとした仕上がりはベーキングパウダーで膨らませるので、発酵させることもありません。

甘さ控えめで、あっさりとした仕上がりになりますので、お好みのジャムや生クリームを添えて召し上がって下さいね。

出来立てを食べると、至福の時を過ごすことができるでしょう!

材料
薄力粉・・・120~150g
バター・・・50g
砂糖・・・50g
牛乳・・・100cc
卵・・・2個
ベーキングパウダー・・・小さじ1.5
バニラエッセンス・・・少々

1. レンジ可能な器にバターを入れ、30秒ほど加熱して完全に溶かしておきます。ボールに卵を割り入れ、そこへ砂糖を入れて泡だて器でよく混ぜ合わせます。


溶かしたバター バニラエッセンス
2. 続いて、そのボールに牛乳と溶かしたバターを入れ、よく混ざり合ったら、ふるった薄力粉とベーキングパウダーを入れ、最後にバニラエッセンスを入れて泡だて器で混ぜ合わせ、五分程度休ませておきます。


ワッフルメーカー ワッフル
3. 生地を休ませている間にワッフルメーカーを予熱します。十分に熱くなったら、最初の一回だけ鉄板にマーガリンを塗りましょう。玉じゃくし一杯を一枚分とし(画像は2枚分の天板を使っているので、玉じゃくし2杯)、全体に流し込んでいきます。メーカーの蓋を閉じ、4~5分焼いてできあがりです。お皿に移し、お好みで生クリーム、チョコレートソース、ジャム、アイスクリームなどを添えてみて下さいね。


アメリカンワッフルの作り方

調理器具は、ボールと泡だて器だけ。次々と混ぜ合わせてできる生地は、とっても簡単でしょう?

天板の上に生地を「置く」のがベルギータイプで、「流し入れる」のがアメリカンタイプといったところでしょうか。

メーカーによって焼き時間が異なりますので、ご自宅あるものに合わせて調節して下さい。

材料さえ揃っていれば、お子さんが帰宅してから生地作りを始めても、そんなに待たせることもないでしょう。焼き立ての、フカフカを食べるのが絶品ですよ!

薄力粉の分量は、しっかりとした歯ごたえの仕上がりにしたい場合は150gに、ふわっと柔らかくしたい場合は120gで作ってみて下さい。

バターも、50g入れているので、あっさりしていても風味は十分にあります。

トッピングするものに合わせて減らすことできますよ。

そして、さらに時間を短縮させたいという場合は、市販のホットケーキミックスを使って作ることができるようです。

その場合、分量は記載されているもので行って下さい。

ゆっくりと、時間と手間をかけて作るベルギーと、ぱぱっとできるアメリカン。

両方覚えておくと、状況に合わせて作業することができますね。もちろん、どちらもとっても美味しいです。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ