バナナヨーグルトケーキのレシピ(作り方)

バナナヨーグルトケーキの作り方

スポンサードリンク

お菓子作りをすると、面倒な作業の一つが出来上がった後に「調理器具を洗う」ということ。作業自体が簡単でも、シンクに溜まった山のような洗い物にはゲンナリしてしまいます。

ここでご紹介するケーキは、以前の「チョコバナナケーキ」と同じですが、その作業工程で使用する器具をいかに少なくするか?という視点で表現してみます。

完成した後、汚れた器具がなるべく少なくなるようにしていきたいと思います。

卵も、別の器に用意しておくことをせず、直接ボールの中に割り入れます。

他のお菓子作りにも応用できると思いますので、参考にして下さいね。

材料(直径17㎝のパウンド型2個分)
薄力粉・・・160g
完熟バナナ・・・2本
砂糖・・・80g
卵・・・一個
バター・・・40g
ヨーグルト・・・50cc
バーキングパウダー・・・小さじ2
シナモンパウダー・・・少々
※作業を始める前に、パウンド型にオーブンシートを敷いておきます。取り出しやすいように型からはみ出すくらいにして下さい。

1. 計りにボールを置き、その上に万能こし器も乗せ、メモリを「0」に合わせます。そこへ薄力粉が分量通りになるように入れ、続いて砂糖を80g入れます(メモリは240を指していますね)。ベーキングパウダー、シナモンパウダーを次々に入れて、糖類を一度にふるいます。


完熟バナナ2. バターを小皿に乗せ、レンジで一分ほど温めて完全に溶かしておきます。「1」のボールに完熟バナナ、ヨーグルト、そして卵を割り入れ、一つの素材を入れる都度ゴムべらでざっくりと混ぜ合わせながら進めます。完熟バナナも、他の器で混ぜ合わせることはせず、ボールの中で崩していくようにしましょう。


型に流し入れる 荒熱を取ります
3. オーブンを170度で温めておきます。生地が完全に混ざり合ったら、オーブンシートを敷いた型に流し入れます。よく膨らむので、生地は型の半分くらいのところまでにしておきます。予熱が終わったオーブンへ入れ、40分焼きます。焼き上がったら、竹串などで刺し、中まで焼けているようなら、はみ出しているオーブンシートを両手で持ち上げて型から外し、アミの上などに置いてオーブンシートも外して荒熱を取ります。


4. 荒熱が取れ、完全に冷めたらラップに包んで常温で1時間以上放置します(翌日くらいが食べ頃です)。切り分けて、お皿に乗せて出来上がりです。


バナナヨーグルトケーキのレシピ

バナナの重みで生地に熱が入りにくいので、型を二つに分けるか、中心にも熱が入りやすいシフォン型を使いましょう。

さて、バナナヨーグルトケーキは完成しました。後片づけをしましょう。

汚れ物はなんでしょう。ボールが一つ、ゴムべら、万能こし器、バターを溶かした器・・・これだけですね!

パウンド型は、オーブンシートがしっかりと敷いてあれば汚れないので、キッチンペーパーなどで軽く拭いてあげればオッケー。

そしてケーキを冷ますために使ったアミも、魚用グリルのものなら、型を拭いたキッチンペーパーでササッと拭いて元に戻せば洗う必要もないでしょう。

テレビや雑誌などでは、一つ一つの材料を小皿に出して作業を進めていますが、それは見ている人に分かりやすく説明するための手段です。

料理を進行する先生様は、後片づけなんてしないでしょう。

毎日アクセク動く主婦には、アシスタントも助手もいません。

洗い物は最大の敵です!ボールの上に「こし器」を乗せて計量すれば、余計な器を省くことができます。

洗い物を減らす工夫。これが手作りを継続させる裏技なのです!

もちろん、出来上がったケーキも、しっとりと重みがあって美味しいですよ♪少し薄く切ってあげると丁度いいです。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ