ビスケットサンドケーキのレシピ(作り方)

ビスケットサンドケーキの作り方

スポンサードリンク

市販のビスケットを利用して、ちょっと変わった「ケーキ」を作ってみます。

日が経って湿気ってしまった歯触りが悪くなってしまったものでも利用することができますよ。

見た目にもボリュームがあって、お客様に出すお菓子としても十分対応できる仕上がりになります。

小学校の調理実習よりも簡単な行程なので、ぜひ、お子様と一緒に作ってみて下さい。

材料
市販のビスケット・・・10~15枚くらい
生クリーム・・・200ml
砂糖・・・小さじ4
牛乳・・・適量

1. 生クリームを泡立てます。冷えた生クリームをボールに空け、ハンドミキサーか泡立て器で軽く泡立て、砂糖を2~3回に分けて、ツノが立つまでしっかりと泡立てます。


ビスケット ビスケット

ビスケット
2. お皿に牛乳を注ぎ、ビスケットをくぐらせます。濡れたビスケットの上に生クリームを山盛りに乗せ、その上にまた牛乳をくぐらせたビスケットを乗せ、生クリームを乗せます。この作業を、生クリームが半量になるまで続けます。ある程度高さができたら、横にして作業をします。


ビスケット 3. 生クリームの残りの半量で、周囲すべてを覆います。ラップをふわっとかぶせて、冷蔵庫で2時間以上冷やして出来上がりです。食べるときは、斜めにスライスして、ビスケットと生クリームの縞模様を見せると綺麗です。



ビスケットサンドケーキのレシピ

必ず、2時間以上冷蔵庫の中に入れて冷やしておきましょう。

ビスケットが水分を吸って、いい感じに膨らんでくれます。すっかり柔らかくなり、包丁も感単に入りますので、ゆっくりと斜めに切って断面を見せる形にしてお皿に出しましょう。

早い話が、市販のビスケットに生クリームを盛りつけただけのお菓子です。

ちょっと手を加えるだけで、完成度がぐっとアップします。

もちろん、オーブンも火も使わないので、お子さんと一緒に作業するのも安全ですね。

小学校高学年のお子さんなら、大人のサポートなしでも十分できる一品です。

お菓子作りの「はじめの一歩」としても適しているビスケットサンドケーキ。

もちろん、とっても美味しい一品ですよ♪

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ