スポンジケーキ・ビスキュイのレシピ(作り方)

ビュスキュイ

スポンサードリンク

スポンジケーキには、全卵を泡立てる「共立て」と、卵白と卵黄を別に分ける「別立て」があります。

どのような違いがあるのかと言うと、共立てで作るスポンジはジェノワーズと言われ、しっとりしていて、ふわっとした仕上がりになります。

一方、別立てはビスキュイと言われています。

卵白をしっかりしたメレンゲ状態にするので、サックリとふわっとして、丈夫な状態になります。

一般的には、家庭で作るスポンジケーキの基本はジェノワーズと言われていますが、ここではあえて、ビスキュイにチャレンジです。

しっかりしたスポンジであるため、薄くスライスして、間に生クリームやフルーツを挟み込んで重ねて作るのに適しているからです。

これを一つ覚えると、クリスマス、誕生日などのデコレーションやアレンジがとても楽しくなるのです。

シフォンケーキを作る要領で作業をすすめます。

卵白の泡立が大事なポイントと考えて下さいね。

材料(直径18㎝の丸型)
卵黄・・・3個
砂糖・・・40g
卵白・・・3個分
砂糖・・・40g
薄力粉・・・80g
バター・・・20g

※作る前に・・・型の内側側面にマーガリンを塗り、薄力粉をまぶして余分な粉を落としておきます。

型の底には、丸く切ったオーブンシートを敷いておきましょう。

バターをレンジで40秒ほど加熱し、溶かしておきます。ボールは2つ用意しましょう。

1. ボールに卵黄と砂糖40gを泡立機ですり混ぜ、砂糖のザラつきが無くなり、白っぽいクリーム状になるまでよく混ぜます。

2. 別のボールに卵白を入れ、ハンドミキサーで泡立てます。全体的に細かい泡が出てきたら、40gの砂糖を2~3回に分けて入れていきます。砂糖を一度に入れたり、泡立てる前に入れると、泡立ちにくくなりますので、注意しましょう。

3. ピンと、強いツノが立つくらいになるまでしっかりとミキシングします。この段階で、オーブンを180度の温度で予熱しておきます。

4. 卵黄のボールに、メレンゲをゴムべらでひとすくいだけ入れ、全体に馴染ませてから残りのメレンゲを入れ、泡を潰さないように心がけ、手早くサックリと混ぜ合わせます。

5. 薄力粉をふるい入れ、ゴムべらで切るように混ぜ合わせましょう。最後に溶けたバターを、このヘラで受けながら散らすように流し入れ、手早く混ぜ合わせます。

スポンジ6. 準備した型に流し入れ、30㎝くらいの高さから2回くらい落とし、大きな気泡を出してすぐに余熱が終わったオーブンに入れ、30分焼きます。焼き上がったら、型から外し、アミの上などに置いて荒熱を取り、ビスキュイ・スポンジケーキの出来上がりです。


ビスキュイ

ビュスキュイ

スポンジケーキを二等分か三等分にスライスしたら、必ずシロップを塗り、水分を補給してあげましょう。

シロップは、砂糖おおさじ2、水大さじ2、そしてお好みのリキュールを大さじ1をよく混ぜ合わせれば出来上がりです。

リキュールには、キルシュ酒、製菓用ブランデー、オレンジキュラソー、ラム酒など種類は様々。

少量で販売されているものもあるので、いろいろ試してみてみるのもいいかもしれません。

スポンジケーキが焼き上がり、荒熱が取れたら、ラップに包んで常温で保存し、翌日にデコレーションすることをおすすめします。

生地がおちついて、しっかりした状態になるので、スライスしやすくなります。

思い切って薄く三等分し、生クリームやフルーツを二段にしても、まったく問題ないでしょう。

子どもの誕生日、結婚記念日、バレンタインデー、その他季節のイベントに大活躍するデコレーションケーキ。

市販のスポンジケーキだけを買ってデコレーションの作業をしていらっしゃるママさんも多いことでしょう。

一度、スポンジ作りからの制作を試し、食べ比べてみて下さい。

愛情たっぷりで美味しくて、さらに安くて言うこと無しです!

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ