ココアボーロのレシピ(作り方)

ココアボーロの作り方

スポンサードリンク

現在、バターが品薄になっていますね。

スーパーでは購入個数に制限があったり、高値になっていたり、この状況は手作りママにとっては打撃ですよね。

定番のクッキー作りも、回数がどうしても少なくなってしまいます。

そこで提案。クッキーが食べたくなったとき、バターを使わないサクサクお菓子を作ってはどうでしょう。

以前紹介したことのある「ボーロ」の応用です。今回は、ドリンク用の甘いココアパウダーを使ってアレンジしてみます。

あのホロホロとした軽い食感を残しつつ、ココアのコクと甘い香りでクッキーにも負けない存在感を作り出します。

作業工程は簡単そのもの。

あの面倒なバターを練る作業がないので、始めるときの気持ちもずいぶん楽です。

材料
ココア・・・加糖タイプ20g
片栗粉・・・40g
薄力粉・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ2
ベーキングパウダー・・・小さじ2分の1
卵黄・・・1個分
牛乳・・・少々(小さじ1以下)

ココア1. ボールにココア、片栗粉、薄力粉、砂糖、ベーキングパウダーを合わせ入れ、泡立て器で撹拌し、粉類にかたまりがないようによく空気を含ませます(こうすることによって、ふるいにかける作業を省くことできます)。



卵黄 牛乳
2. 上記のボールに、卵黄を入れて、最初はゴムべらで混ぜ合わせ、すぐに手を使って力いっぱい混ぜ合わせます。この時点では、水分が足りずにまとまりにくい状態になっていると思われます。ここで、牛乳を「ごく少量」入れ、こねていきます。小さじ1以下の量で!これより多く入れないようにします。ひとかたまりになればオッケーです。


3. オーブンを180度に予熱しておきます。生地を棒状に伸ばし、指先でコロコロと丸めて天板に敷いたオーブンシートの上に並べます。加熱すると平らに広がるので、必ず間をあけて並べるようにしましょう。


オーブン 4. 予熱が終わったオーブンの中に「3」の天板を入れ、10分焼きます。焼き上がったらシートごと天板から外し、荒熱を取ります。手で触れるくらいの熱さになったら、お皿などに移し出来上がりです。熱いうちはまだ柔らかいですが、冷めるとサクサクした固さになり、ボーロの質感になります。


ココアボーロの作り方

片栗粉の独特な食感を持つボーロは、材料も味も素朴で手軽です。

ついつい手が出て次々と食べてしまいますね。

懐かしい感覚と優しい味わいは、子どもから大人まで幅広く楽しむことができます。

薄力粉の役割は「つなぎ」なので、片栗粉の質を壊さないよう、この分量以上は入れないようにしましょう。

バターが品薄のときはボーロです!油分がない分、低カロリーは言うまでも無く、制作工程もクッキーよりずっと簡単です。

プレーンボーロの作り方はこちらです。

バリエーションを増やしてみてくださいね。

どんな状況になっても、知恵を使って楽しむことを大事にしていきましょう!

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ