生キャラメルのレシピ(作り方)

生キャラメルの作り方

スポンサードリンク

近ごろ、生キャラメルという名のお菓子が流行っていますね。

ブランドものになると、通販やネットでもなかなか手に入りにくいとか。

キャラメルを別の言葉にすると「カラメル」です。

そう、砂糖を煮て焦がしたもの。

そう考えると、特別な材料や特別な器具を用意せずに出来るような気がしませんか?

その通りです。自宅で、しかも簡単に、口溶けの良い「生キャラメル」が出来るんです。

技術もコツも必要ありません。ぜひ、手作りでお子さんを喜ばせてあげて下さいね!

材料
砂糖・・・150g
バター・・・60g
牛乳・・・150ml

1. 上記の材料全てを厚めの鍋に入れ、煮立たせます。絶えず木べらで混ぜながら、水分が無くなり、トロリとするまで続けましょう。

2. 鍋の側面から茶色く色づいてきますので、木べらでそぎ落としながら全体がキャラメル色になるまで混ぜます。

生キャラメル3. 茶色くなり、もったりとしてきたら、オーブンシートを敷いた天板やバットに流し、室温になるまで放置します。触れるくらいの温度になってきたら、包丁で切り目を入れておき、冷蔵庫で冷やし固めます。
※オーブン対応のシリコン型を使用すると、可愛い形になります。その場合は、熱いうちに型に流し入れましょう。


4. 冷蔵庫から出し、カチカチに固まっていたらしばらく常温にしておき、包丁が入る硬さになったら切り目に沿って切り分けます。常温になりすぎると、柔らかくて切りにくくなるので、様子を見ながら包丁を入れて下さい。

生キャラメルのレシピ

行程は以上です。混ぜて煮詰めるだけの簡単おやつ。市販のものより柔らかく、口の中でとろけていく食感です。

ネットなどで記載されているレシピでは、生クリームを使用するものが多いようですが、牛乳でもバターを大目に入れてあげることで、濃厚な味になるので試してみて下さいね。

上記のものは、家庭ですぐに手に入る材料だけですが、もう少しリッチな感じにしたい場合は、砂糖を少なめにして大さじ一杯のコンデンスミルクを入れるといいでしょう。

また、さらに砂糖を少なくして、市販の水飴を大さじ二杯程度入れるとツヤが出るので、見栄えが良くなります。

生キャラメルのレシピ 切り分けたキャラメルは、オーブンシートを四角く切って、キャンディーのように包んであげると、可愛いプレゼントにもなりますね。紙やビニールで包むとくっついてしまうので、必ずオーブンシートで包んで下さい。


手の中でとろけるくらい柔らかくしたい場合は、煮詰める時間を短くしてみて下さい。

もし、柔らかすぎて固まらずに失敗したら、アイスやバナナにかけて食べると美味しいので、安心して失敗して下さいね。

食べたい!でも手に入らない!じゃあ作っちゃおう!

こんな発想でおやつを作ると、とっても楽しいですよ♪

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ