シフォンケーキのレシピ

シフォンケーキ

スポンサードリンク

バターがない、牛乳もない・・・しかしケーキは出来ます。

卵、薄力粉、砂糖さえあれば、何とかなってしまうのが手作りお菓子です。

そこに生クリームがあれば、もう完璧です。

シフォンケーキの紹介です。

コツは2点。作業を中断しないことと、卵白の泡立て。

これさえ気を遣えば、失敗はないですよ。A~Dの材料を順番に処理していきましょう。

作業の前に、シフォン型の煙突部分にサラダ油を塗っておくことをお忘れなく!

材料

卵黄・・・3個
砂糖・・・70g

サラダ油・・・50cc
水・・・80cc
バニラエッセンス・・・少々

卵白・・・3個分
砂糖・・・70g
塩・・・少々

薄力粉・・・90g
ベーキングパウダー・・・小さじ1に満たないくらい

1. ボールに卵黄と砂糖を入れ、泡立て器で混ぜます。砂糖のザラつきが無くなって、マヨネーズのような状態になるまで混ぜましょう。サラダ油を少しずつ何回かに分けて入れて混ぜ、次に水をサラダ油と同様に入れ、最後にバニラエッセンスを入れて全体をかき混ぜます。

シフォンケーキのレシピ2. 別のボールで卵白を泡立てましょう。ここではハンドミキサーを使います。少し泡立ててから、砂糖を3回くらいに分けて投入しましょう。その方が、泡立ちやすいですよ。しっかりしたツノがピンと立つメレンゲにして下さいね!ここを妥協してはいけません!やりすぎ?くらいが丁度いいです。


3. オーブンの余熱しておきましょう。180度40分の設定で。1のボールに薄力粉とベーキングパウダーをふるい入れ、ゴムべらで混ぜ合わせます。大体混ざったら、卵白を泡立てていたハンドミキサーを洗わずにそのまま使用し、中間モードで粉っぽさが無くなるまで混ぜ合わせます。最後は泡立て器で底の方から全体を混ぜましょう。


シホンケーキ4. メレンゲを、ゴムべらでひとすくい3のボールの中に入れて全体を馴染ませるように混ぜます(この作業をしておくと、残りのメレンゲが混ざりやすくなります)。残りのメレンゲを入れ、ゴムべらで泡を潰さないよう、切るように手早く、さっくりと混ぜましょう。



シフォンケーキの型5. 高い位置から、シフォン型に一気に流し入れます。入れ終わったら型を軽く2回ほど落とし、生地の中に大きな気泡が残らないようにします。生地を型に入れ終えたら余熱が終わっているオーブンに素早く入れます。時間を空けずに!180度40分焼きましょう(この40分で、洗い物や洗濯、アイロンなどもできますね♪)。


シホンケーキの作り方 6. 焼き上がったら、素早く逆さにします。この状態で、一時間以上置きましょう。竹串で型の周りを刺して、筒を持ち上げて生地を離れさせます。最後はスパテラなどで底板から離しましょう。生クリームやフルーツを添えて、出来上がりです。


シフォンケーキのコツ

シフォンケーキ

生地を作り始めたら、オーブンに入れるまでノンストップで作業できる環境を整えておきましょう。

小さな名お子さんがおられるママさんは特に、途中で手が止らないよう、昼寝の最中などを狙って始めてみて下さいね。

よく、レシピ本の中では、バナナなどのフルーツを生地に混ぜ込むものが記してありますが、プレーンが一番で失敗が少ないです。

フルーツは、切り分けたケーキに添える感じでいいと思います。

むくむくと膨らまみます。

ご家庭によっては、オーブン庫内の高さが低く、上部が焦げてしまう場合がありますが、どのみち型からはみ出す部分は切り取ってしまうので、焦げは気にせずに放置しましょう。

よく、途中でアルミホイルをかぶせるという方法が記してありますが、庫内の温 度が途中で冷えると、しぼんでしまうことがあるので、焼き終わるまで扉を開けないことをオススメします。

シフォン型の購入をお勧めします。

大体2000円くらいで一般家庭で多く使われている口径17~20㎝のものが購入できます。

その際、アルミか鉄製にしましょう。テフロンや樹脂加工の型は、焼き上がり後逆さの状態にすると生地が滑り落ちてしまうからです。

通常、ケーキ屋さんで市販されているシフォンケーキは、ワンホールで幾らなんでしょう?

1000円だとしても、自宅で3回くらい作れば元手が取れますね。

家庭で作れば原価200円くらいかな?

材料もシンプルで、コツさえ掴めば難しいことはありません。

デコレーション次第で、とてもゴージャスになりますので、誕生日やパーティーなどでも対応できる質の高さがあります。

一生使えるシフォンケーキの技術。ぜひ、覚えてみて下さいね!

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ