ちぎりパンのレシピ(作り方)

ちぎりパンの作り方

スポンサードリンク

現在まで、手捏ねで作るパンをいくつか紹介しました。

基本のパン生地さえ上手にできれば、様々なアレンジが無限大に広がります。

どのように成形するか、菓子パンや総菜パンにするにはどんな具材がいいのか・・・お店に並ぶパンを見ながら考えるなどして、自分でいくらでも工夫することができますね。

そして思い描くイメージに近い仕上がりになると、ちょっとした喜びと達成感を味わうことができます。

今回は、その基本のパン生地とスクウェア型を使って、子どもたちと楽しみながら食べる形にしてみます。

中に入れる具材は、チョコチップやあんこなど、余っている製菓材料を数種類用意して下さいね。

材料(18cm四方のスクウェア型1台分)
強力粉・・・200g
牛乳・・・140cc
砂糖・・・大さじ2
塩・・・小さじ二分の1
ドライイースト・・・小さじ1
バター・・・15~20g
中身・・・チョコチップ、あんこ、チーズ、ジャムなど適量
※作業を始める前に、型にオーブンシートを敷くか、マーガリン(分量外)を塗っておきます。

1. 大きめのカップに牛乳とバターを入れ、レンジで40秒ほど温めます。


2. 耐熱ボール、もしくはレンジ可能な大きめの器に強力粉、砂糖、塩を入れてよく混ぜ、中心に穴をあけておきます。「1」をレンジから取り出し、人肌くらいの温度になっていることを確認し(バターは完全に溶けてない)中心に流し込みます。その水分めがけて、ドライイーストを入れます。


3. 菜箸でぐるぐると混ぜ、ひとかたまりになったらゴムべらなどで綺麗に取り、台に出します。左手にスケッパーを持ちながら、右手で捏ねていきましょう。台にくっついたりしますが、スケッパーですくい取りながら捏ねます。右手にもくっついてきますが、捏ねているうちに離れてくるので大丈夫です。打ち粉は使わないようにしましょう。


4. 手につかなくなったら、生地を持ち上げ、台に叩きつけます。スケッパーですくい、また持ち上げて叩きつけます。この作業を、生地の表面がつるっとした柔らかな状態になるまで続けます。


5. 捏ねた生地をボールに戻し、ラップか蓋をして、レンジ加熱の最も弱い「刺身解凍用キー」を押して、1分ほど温めます。そのままレンジから取り出さず、2倍の大きさになるまで放置します(ベンチタイム)。これが一次発酵です。気温によって発酵時間はことなりますが、40分ほど放置して様子を見て下さい。膨らみが足りないようなら延長します。


生地 具材
6. 膨らんだ生地をパンチして、ガス抜きをします。完全に潰れたらゴムべらで取り出し、スケッパーで「12等分」します。 それぞれをなるべく均等になるように丸めて、麺棒で軽く平らにし、具材を入れてしっかりと閉じます。スクウェア型に閉じ目を下にして並べ、固く絞った手拭いをかけて、暖かいところで20分ほど二次発酵させます。


オーブン パン
7. オーブンを180度に設定し、予熱が終わったらオーブンに生地を入れ、20分ほど焼き上げて出来上がりです。すぐに型から離し、アミなどにのせて荒熱を取ります。ホカホカの状態が一番美味しいです。大きなお皿に乗せ、好きなところをちぎりながら食べましょう。


ちぎりパンの作り方

ポコポコしたお山の形がとってもかわいい形をしています。

そして、一つ一つの断面がそれぞれに違った表情を持ち、見た目にも十分なご馳走です。

「どれにしようかな、何が入っているかな」と、ちょっとドキドキしながら食べると、次から次へと手が伸びてしまいます。

一つだけ子どもの大好物の具材を入れたのが「当たりパン」、何も入れないのが「はずれパン」などの工夫で、家族でワイワイ楽しむことができますね。

もちろん、中身をすべて同じものにして、奥様たちのお茶会でも盛り上がることでしょう。

基本のパン生地は、形を変えるだけで味わいも楽しみ方も違ってきます。

状況や場面に合わせて、いくらでも変化させることができます。

そしてスクウェア型は、カステラやケーキ作りでも美しい形を作り出してくれます。

一台あると、とっても便利ですよ。おすすめです。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ