ごぼうチップスのレシピ(作り方)

ごぼうチップスの作り方

スポンサードリンク

大好物はごぼう!と答える子どもは……まずいないでしょうね(笑)。

あの独特の歯触りや香りは、大人でも苦手という方はいるでしょう。

一昔前は、このごぼうを食べている国は世界でも日本と韓国だけだったそうです。

しかし、含まれる成分を見るととても優秀な食材で、摂取するべき良質な食物繊維が豊富に含まれているのです。

調理法としては、煮物やきんぴらなどが適していると考えるのが一般的ですが、ここではもちろん「おやつ」として扱ってしまいます。

ごぼうのチップスを作ってみましょう。

根菜類を自宅で揚げると、パリっとせずにベタついた仕上がりになったことがありませんか?

そうならないためのコツは、ピーラ―を使ってスライスすることです。

まるで市販のポテトチップスのような食感になりますよ。

材料
ごぼう・・・一本
片栗粉・・・適量
塩・・・適量
揚げ油・・・適量

1. ごぼうは、皮ごと使いますので、タワシなどでよく洗って土を完全に落とします。


ピーラ― アク抜き
2. ピーラ―で、上から下に縦方向にスライスし、水をはったボールの中に入れて五分ほど浸してアク抜きます。


ごぼう 3. ザルにアク抜きしたごぼうを移し、水気をよく切って片栗粉をまぶします。ザルの中で左右に振って全体にまんべんなく粉をつけましょう。



揚げ油 4. 揚げ油を熱します。菜箸を入れて気泡が立つくらいになったら「3」のごぼうを入れます。表面にうっすらと焦げ目がついたら、取り出して油を切り、熱いうちに塩をかけて出来上がりです。お好みで、こしょうや七味などかけて召し上がってください。


ごぼうチップスの作り方

ごぼうに含まれる食物繊維は、胃や腸をきれいに掃除してくれる作用があるそうです。

さらに油を使うことによって、その成分の効果がアップされるとのことですよ。

パリッとした香ばしい歯ごたえは、ごぼうとは思えない気持ちのいい食感です。

ただやはり、手作りですから時間の経過とともにパリパリ感は失われ、だんだんとしっとりしてきます。

片栗粉をつけた状態で止めておいて、お子様のおやつの時間に合わせて、一番おいしい状態の「揚げ立て」を、ぜひ食べさせてあげてください。

子どものおやつに、また、大人のつまみにもぴったりです。

簡単ですので、気軽にお試しください。

次も、この優秀食材「ごぼう」を使っておやつを作ります。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ