卵白のチョコレートシフォンケーキのレシピ(作り方)

チョコレートシフォンケーキの作り方

スポンサードリンク

手作りマヨネーズ、シュークリーム、ババロア・・・必要なのは卵黄だけ。

余った卵白の使い道をどうしよう?

とりあえずラップに包んで冷凍しておこう・・・ということで、だんだんと冷凍庫の中に溜まってスペースを取るようになってしまいます。

ラングドシャやサクサクメレンゲなど、卵白消費のレシピはいくつかご紹介しましたが、今度はチョコレートを使ったシフォンケーキに挑戦です。

甘くて濃厚なチョコレートが、しっかり泡立てた卵白によって、しつこさもなく、いくつでも食べられるふわっと軽い仕上がりになります。

ここでは、ベーキングパウダーを使用しないので、卵白の泡立てをハンドミキサーでしっかりと行うことが、失敗しないポイントになります。

材料
チョコレート・・・60~80g(板チョコ一枚分)
牛乳・・・大さじ3
薄力粉・・・80g
サラダ油・・・50cc
砂糖・・・60g(卵白用30gと生地用30g)
卵白・・・4個
※作業を始める前に、シフォン型の煙突部分にサラダ油(分量外)を塗っておきます。冷凍してある卵白を使用する場合は、冷凍庫から出し、常温に戻しておきます。

チョコレート1. 大きめの耐熱容器かレンジ可能な容器に、牛乳と細かく砕いたチョコレートを入れ、ラップをせずにレンジで1分ほど加熱します。取り出し、泡だて器でクリーム状になるまで混ぜ合わせ、サラダ油を入れてさらに滑らかになるまで混ぜ合わせます。



薄力粉2. 「1」の容器に、ふるった薄力粉と砂糖30gを入れ、泡だて器で粉っぽさが無くなるまで混ぜ合わせます。


3. メレンゲを作ります。別のボールに卵白を入れ、ハンドミキサーで軽く泡立てたら、砂糖30gを入れ、高速モードでしっかりと泡立てます。ツヤが出て、ツノがピンと立つまで混ぜ合わせると、ボールを逆さにしても流れ出ない状態になります。そうなるまで、しつこいくらい泡立てましょう。


4. オーブンを、170度に予熱します。ゴムべらでメレンゲをひとすくい取り、「1」の生地に入れて混ぜ合わせます。メレンゲが全体に馴染んだら、残りのメレンゲを一気に入れ、ゴムべらでボールの底から混ぜ合わせます。泡を潰さないような気持ちで混ぜ合わせて下さい。


シフォン型 ココット
5. シフォン型に、少し高いところから「4」の生地を流し込み、最後に軽く型を落として生地を平らにしてから、予熱が終了したオーブンへ入れ、35~40分焼き上げます。焼成が終了し、取り出したらすぐにココットなどの上に逆さまの状態にして置き、そのまま3時間(できれば翌日まで)放置します。側面にパレットナイフを入れ、切り分けて生クリームなどを添えて出来上がりです。


チョコレートシフォンケーキの作り方

チョコレートを使っても、軽い仕上がりになるので、生クリームとの相性がとてもいいです。

そのほか、チョコレートを湯煎で溶かして、ケーキの上からかければ「ダブルチョコレート」になり、軽さと濃厚さのバランスがよく、とても美味しく召し上がれますよ。

卵白の消費には様々な方法がありますが、空気をたっぷりと含ませるシフォンケーキに使うことが、最も適していると思われます。

食べ物に「余り物」は存在しません。

賢く美味しく、材料を適材適所に使い分け、最後まで残さない工夫ができるのは、ママの魔法だけかもしれませんね。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ