ガトーショコラのレシピ(作り方)

ガトーショコラの作り方

スポンサードリンク

チョコレートは、大人も子供も大好きなおやつですね。

中でも洋菓子のお店に並ぶガトーショコラは、粉砂糖の化粧がとても大人っぽい印象がありますね。

名前の意味は、チョコレートケーキをフランス語にしたものです。

生地の中にたっぷりと溶け込んだチョコレートの独特な重みは、少しの量で満足できる濃厚さがあります。

もちろん、家庭でも作ることができます。ただ、作業は決して「簡単」ではありませんが、お菓子作りに大切な「下準備」さえしっかりすれば、失敗することなく仕上げることができるでしょう。

そして、手早く作業することもポイントです。レシピは予め最後まで読んでおき、次の工程がスムーズに行けるようにしておきましょう。

材料(15cmのケーキ型一つ分)
チョコレート・・・80g
砂糖・・・30g
バター・・・60g
卵黄・・・2個
卵白・・・2個
卵白用砂糖・・・30g
薄力粉・・・30g
ココアパウダー・・・35g
生クリーム・・・40cc(コーヒーフレッシュでも可)
飾り用粉砂糖・・・適量
※作業を始める前に、型の底と側面にオーブンシートを敷いておきます。

1. ボールに、卵黄と砂糖を入れ、泡だて器でザラつきが無くなるまですり混ぜます。


2. 耐熱容器か、レンジ可能な器にチョコレートとバターを入れ、レンジで1分ほど過熱します。取り出してスプーンなどで混ぜ合わせ、まだチョコレートが溶けていない場合は再びレンジへ入れて30秒ほど過熱します。過熱しすぎると、チョコレートが凝固して戻らなくなってしまうので、様子を見ながら少しずつ過熱します。


3. 別のボールに卵白を入れ、ハンドミキサーで軽く泡立てた後に砂糖を入れ、ツノがピンと立つまでしっかりと泡立てます。これで、3つの下ごしらえができました。


卵 チョコレート
4. オーブンを170度に予熱します。「1」のボールのン中に、「2」のチョコレートを入れてゴムべらで滑らかになるまで混ぜ合わせます。そこに生クリーム(あるいはコーヒーフレッシュ)を入れてさらに混ぜ、「3」の卵白をゴムべらで一すくい入れ、卵白が全体に混ざり合ったら、残りの卵白を一気に入れてボールの底から混ぜ合わせるようにします。なるべく、泡を消さない気持ちで作業しましょう。


ココアパウダー ケーキ
5. 薄力粉とココアパウダーを、「4」にふるいながら入れ、ゴムべらで切るようにして混ぜ合わせます。オーブンシートを敷いた型に流し入れ、40分焼き上げます。竹串で刺し、何もついてこなければ過熱終了です。しばらく常温に放置して荒熱が取れたら型から外し、オーブンシートをはがし、乾燥させます。ケーキが完全に冷めたら、茶漉しに粉砂糖を入れ、全体にまぶして出来上がりです。


ガトーショコラの作り方

時間をあけて作業すると、チョコレートが固まってしまうので注意しましょう。

オーブンで焼いているとき、生地はどんどん膨らみますが、取り出すとしぼんでいきます。

そして表面にひび割れができますが、これはいずれも失敗ではありませんよ!大成功です。

夏が終わって、アイスコーヒー用のコーヒーフレッシュが余っていたら、このレシピで消費して下さいね。

型に生地を入れたら、すぐにオーブンへ入れられるよう、予熱は早めに行ってください。

外側はサックリ、中はしっとりとした口当たりで、味は濃厚です。さらに実際作って感じることは・・・、カロリーが高そうです!だから切り分けるときは、気持ち小さめがいいですね。

十分満足できます。お好みで、生クリームを添えてもお洒落で美味しいですよ。

翌日まで、美味しく食べられます。むしろ、翌日の方が、生地がすっかり落ち着いて食べごろかもしれません。

お友達やお客様など、誰に出しても恥ずかしくない上品なおやつがガトーショコラです。覚えておくと便利ですよ♪

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ