ミルクレープのレシピ(作り方)

ミルクレープ

スポンサードリンク

ほんの数日前、スーパーからバターが消えた時期がありましたね。

家庭でお菓子作りをする主婦にとっては、打撃的な出来事でした。

クッキー、タルトなど、洋菓子にはバターがつきもの。

バターが市場に出回るようになった今でも、その値の高さになかなか手が出せない方も多いのではないせしょうか。

そこで、バターを使用しない洋菓子「ミルクレープ」をご紹介です。

テフロンの器具を使用します。

材料
※生地
卵・・・2個
薄力粉・・・50g
砂糖・・・大さじ1
塩・・・少々
牛乳・・・200cc
※デコレーションクリーム
生クリーム・・・200cc
砂糖・・・大さじ2

1. ボールに薄力粉をふるい入れ、砂糖と塩を加える。かるくかき混ぜて、中心にくぼみを作り、 卵を入れて泡立て器で回しながらすり混ぜる。

2. レンジで50秒温めた牛乳を1に加え、泡立て器でゆっくりとかき混ぜる。

3. 2のボールにラップをして、30~1時間くらい常温でねかせます。

クレープのレシピ4. 「だし巻き卵用」の長方形フライパンを使用しました。生地を焼く際、器具にテフロン加工があれば マーガリンは不要です。鉄製であれば、少量のマーガリンを薄くひきます。 薄焼き卵の要領で、弱火で焼きます。表面が乾いてきたら、菜箸で裏返しかるく火を通して、お皿に乗せます。 これを、ボールの生地が無くなるまで繰り返し、お皿に重ねておき、荒熱を取ります。


5. 生クリームをボールにあけ、砂糖を入れ、泡立てる。やわらかいツノが立つまでしっかりと泡立てましょう。 ハンドミキサーがあれば簡単です。

6. お皿に冷めた生地を一枚敷き、ゴムべらで生クリームを厚めに塗り、生地を重ねます。これを繰り返して、 全部終わったら冷蔵庫で冷やして出来上がりです。

クレープの作り方

ミルクレープ

夏場など、気温が高い季節に生クリームを泡立てる場合、ボールの下に氷水をあてながら作業するといいですよ。

バナナやチョコレートソースなどと一緒に、一枚一枚クルクル巻いてあげるのも楽しくていいですね。

オーブンを使用しないので、手軽にできるおやつです。

バターを使わないシンプルなケーキにしては、大きさも高さも、迫力もある一品です。難しいことは何一つないので、ぜひお試し下さいね。

ちなみに町中で売っているクレープは、最低でも一つ300円くらいしますよね。

同じくらいの値段でたくさんできるなら、食べ盛りの子どもたちには手作りが一番。

子どもにも財布にも優しいですね!

テフロン加工のフライパンは、から焼きなど高温状態にすると、体によくない煙が出たり、テフロンの膜が剥がれやすくなる原因になるそうです。

このクレープは、低温で作るので、そのような心配はないでしょう。

生地を焼くための油脂分が不必要になるので、カロリーも減りますね。

毎日使う調理用のフライパンは、やはり鉄製がオススメです。

寿命もないですし、使えば使うほど油分が鉄に浸透し、やがて食材がくっつくこともなくなります。

中華料理など高熱で調理するものは特に鉄がいいですね。

十分に熱しても、そこから出る煙に有害な成分は含まれないそうです。

鉄製を購入したら半年くらいは、サビ防止としてサラダ油などを塗った状態で保存しましょう。

鉄製は少々値段が高く、しばらく手間がかかりますが、一度買って大切に使えば一生使える優れものです。

料理にも微量の鉄分も入り、体にもいいようです。

調理道具の適材適所を決めるのはお母さん。

テフロンと鉄製の美点欠点をうまく利用し、子どもの体を第一に考えた、優しい食を作り上げていきましょう。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ