チョコカップケーキのレシピ(作り方)

チョコカップケーキの作り方

スポンサードリンク

子どものおやつ、プレゼント、お茶会などにぴったりの可愛いカップケーキ。

一般的なカップケーキは、パウンドケーキのようにバターの量を多めにして、ただ切り分けて食べるだけで満足する「重め」の仕上がりです。

しかし、ただ簡単にお皿に出すのではなく、たまにはホイップクリームやフルーツなどを飾って、変化を持たせてお洒落にしたいときってありますよね。

その際、濃厚なケーキのままだと、甘すぎて飽きがきてしまう場合があります。

そこで、通常はデコレーションに使われる生地であるジェノワーズのスポンジケーキをカップに入れて小さく作ってみます。

あっさりとした味わいなので、どんなトッピングにも合います。家族や友人の好みに合わせた盛り付けができますよ。

材料(マフィン型8~9個分)
薄力粉・・・75g
バター・・・40g
砂糖・・・90g
卵・・・3個
水・・・大さじ1
ココアパウダー・・・大さじ2
チョコチップ・・・適量
シロップ・・・好みのリキュール、砂糖大さじ1、水大さじ1を混ぜ合わせたもの トッピング・・・チョコレートソース、生クリーム、ジャム、フルーツなど
※型に薄くマーガリンを塗っておくか、オーブン用の紙を敷いておきます。

1. バターは耐熱容器に入れ、レンジで40秒ほど加熱して、完全に溶かしておきます。ボールに卵を割り入れ、ハンドミキサーでときほぐしておきます。その後、別の大きめのボールに40~50度くらいの湯を入れて湯煎にし、さらにハンドミキサーで泡立てます。


2. 軽く泡立ってきたら、湯煎にかけたまま砂糖を3~4回に分けて加え、さらに泡立てます。もったりとしてきたら湯煎から外し、生地の温度が常温になるまで泡立てます。ハンドミキサーを持ち上げたときに、ヒラヒラとゆっくり落ちて模様が残るくらいになるまで、きちんと泡立てましょう。水を加え、泡立て器に持ち替えて全体を混ぜ合わせます。


薄力粉 溶かしバター
3. この辺りで、オーブンを180度に予熱します。薄力粉の中にココアパウダーを加え、ふるい入れます。ゴムべらでさっくりと混ぜ合わせ、最後に溶かしバターを流し入れて、ボールの底からすくい上げるようにしてよく混ぜ合わせます。


チョコチップ 4. 準備しておいた型に、八分目まで生地を流し入れ、チョコチップを散りばめます。予熱が終了したオーブンに入れ、15~18分焼きあげましょう。その後、オーブンから取り出し、アミの上に置いて冷まします。荒熱が取れたら、表面にシロップを塗って出来上がりです。お好みのトッピングをして飾りましょう。


チョコカップケーキの作り方

ジェノワーズなので、天板に薄く焼きあげたらロールケーキの生地になります。

泡立てた生地が潰れないよう、型に入れたらすぐにオーブンに入れられるよう、早めに予熱をしておきましょう。

大きなケーキを焼く機会は少ないけれど、小さくしてしまえば、いろいろな場面で登場させることが容易になります。

お皿に出すときは、ぜひお洒落に着飾ってあげて下さいね。

どんなトッピングをしても、きっと合いますよ!もちろん、そのまま食べてもとっても美味しいです。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ