ドライフルーツとザラメのクッキーのレシピ(作り方)

ドライフルーツとザラメのクッキーの作り方

スポンサードリンク

様々なアレンジが可能な手作りクッキー。基本さえ知っておけば、パンと同様、ひと工夫でまったく印象が違った味わいを持たせることができますね。

今回は、スーパーでよく見かける「ドライフルーツ」を使ってみます。

フルーツのうまみを凝縮してあるものなので、そのまま食べてもとっても美味しいです。

このことから、酒類の「つまみ」コーナーに置かれていることが多いですね。

もちろん製菓材料としても売られていますが、少量で高額である場合あります。

一家の家計を預かる主婦としては、やはり手軽な値段で手に入るものが嬉しいですよね。

ここでは、大人のおつまみとして販売されているドライマンゴーを使用します。

ドライフルーツ特融の酸味と、ザラメ糖によるガリっとした食感と甘さを、サクサクのクッキーが一層引き立たせてくれますよ。

材料
薄力粉・・・200g
砂糖・・・70g
バター・・・150g
卵・・・1個
ドライフルーツ・・・適量(画像はドライマンゴーを使用)
ザラメ砂糖・・・適量
※作業を始める前に、バターと卵を常温にしておきます。

ドライフルーツ1. ドライフルーツは、細かく切っておきます。多少固いかもしれないので、よく切れる包丁を使いましょう。室温に戻したバターは、指で押したらグニャっとする状態が好ましいです。もし、バターが固かったら、レンジの解凍キーで一分ほど温めてあげると扱いやすくなります。バターは決して液状になるまで加熱しないようにしましょう。ボールにバターを入れ、泡立て器でクリーム状になるまで練り混ぜます。そこへ砂糖を入れ、白っぽくなるまですり混ぜていきます。


2. そこに、溶いた卵を入れてよく混ぜ合わせ、マヨネーズのような状態になるまで作業します。卵が分離してしまっても慌てず、根気よく混ぜ合わせましょう。徐々に混ざり合ってくれます。


3. ふるった薄力粉と細かく切ったドライフルーツを入れ、ゴムべらで練っていきます。粉っぽさが無くなるまで練りましょう。


生地 4. 台に大きめのラップを敷き、そこに生地を置いてラップの中で平らにし、綺麗に包んで冷蔵庫で一時間冷やして休ませます。



ザラメ糖 5. 冷蔵庫から取り出し、形を棒状に整え、ラップの上にザラメ糖をまぶします。そこに成形した生地を置き、表面にザラメ糖がまんべんなく着くように転がしながら着けていきましょう。再びラップで全体を包み、冷蔵庫(数日焼かないようであれば冷凍庫)へ入れ、できれば一晩冷やしておきます。



オーブン 6. オーブンを170度に予熱します。冷蔵庫から生地を取り出し(冷凍庫から出す場合は少し常温に放置する)、四ミリくらいの厚さにスライスし、オーブンシートを敷いた天板に間を空けながら並べ、13~15分焼きあげて出来上がりです。すぐにオーブンシートから離し、お皿などに置いて荒熱を取りましょう。


ドライフルーツとザラメのクッキーの作り方

余った生地は、ラップに包んだ状態にして冷凍庫で長期保存できます。

焼きたてはしっとりしていますが、冷めるとサクサクしたクッキーになりますよ。

ドライフルーツは、パウンドケーキなどに入れてもよく合いますね。

袋から出してそのまま食べるものと、おやつ作りに使用するものを分け、お好みで入れる量を加減して下さい。

ザラメ糖が無くても十分美味しい仕上がりになりますが、歯触りはもちろん、ドライフルーツの酸味と砂糖の甘さがとても合うので、省略せずに作ってみて下さい。

クッキー作りのバリエーションが、また一つ広がりますよ。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ