ぐるぐるバナナケーキのレシピ(作り方)

ぐるぐるバナナケーキの作り方

スポンサードリンク

お菓子作りを始めようと思ってレシピ本を開いても、教科書通りの道具が揃っていなければ、作業ができないと諦めている方も多いことでしょう。

もちろん、ボールや泡だて器などの基本的な調理器具は必要ですが、実はママの手作りおやつには高価な道具など二の次ですね。

大切なのは身近にあるもので工夫することではないでしょうか。

そこで今回は、ケーキ用の「型」を使わずに「デコレーションケーキ」を作ってみましょう。

基本のジェノワーズの生地と生クリームを使って、高さもボリュームもあり、その上見栄えもいいケーキを仕上げてみませんか?

材料(30㎝角の天板一枚分)
薄力粉・・・50g
生地用砂糖・・・60g
卵・・・3個
水・・・大さじ1
生クリーム・・・200cc
生クリーム用砂糖・・・大さじ2
シロップ・・・砂糖大さじ2、水大さじ1、好みのリキュール大さじ1をよく混ぜる バナナ・・・一本
※作業を始める前に、天板にオーブンシートを敷いておきます。バナナは皮を剥いて細かく切っておきます。

1. ボールに卵を入れ、ハンドミキサーでときほぐしておきます。その後、別のボールに50度くらいの湯を入れて、湯煎にしながら、さらにハンドミキサーで泡立てます。軽く泡立ってきたら、砂糖を3~4回に分けて加え、湯煎にかけたままさらに泡立てます。


2. 湯煎から外し、生地の温度が人肌くらいになるまでさらに泡立てます。ハンドミキサーを持ち上げたときに、ヒラヒラと落ちて模様が残るくらいになるまで、きちんと泡立てましょう。水を加え、さらに全体を混ぜ合わせます。この辺でオーブンを200度に予熱しておきましょう。


3. 薄力粉をふるい入れ、ゴムべらに持ち替え、ボールの底からすくい上げながら、切るようにしてよく混ぜ合わせます。オーブンシートを敷いた天板に流し入れ、スケッパーやフライ返しなどで四隅まで平に生地を広げます。予熱が終わったオーブンへ入れ、10~12分ほど焼きます。焼き上がったらオーブンから取り出し、天板ごと常温で冷ましておきます。荒熱が取れたら天板から外し、生地をオーブンシートからゆっくりとはがしておきます。


生地 4. 生地を使用済みのオーブンシートの上に戻し、ハケでシロップを塗っておきます。別のボールに生クリームを入れて泡立て、砂糖を2~3回に分けて入れてしっかりとツノが立つまで泡立てます。



生クリーム バナナ
5. 包丁で、生地を縦に八等分に切りっておきます。それから生クリームを平らに塗り、その上に刻んだバナナをまんべんなく散りばめます。一つ目の生地を手前からくるくると巻いていき、大きめの皿の中心に立てて置きましょう。次の生地は、立てた生地に巻きつけていきます。両手でしっかりと押さえこんだら、次の生地も同様に巻きつけていきます。残りの生クリームで表面と側面を整え、ラップをして冷蔵庫で冷やして出来上がりです。

生クリーム バナナ



ぐるぐるバナナケーキの作り方

生クリームをコーティングする際にも、口金が必要な「絞り器具」は使いませんでした。

ゴムべらやナイフなどで、あえてラフに飾ることで手作りの良さを表現できますね。

型に流し込むよりも、もっと自由で楽に制作することができますよ。

断面は、可愛らしい縦の縞模様になります。その表情は、それぞれに異なり、切り目を入れる度にワクワクしてしまいます。

中に入れる果物は、今回は手軽なバナナを使用しましたが、イチゴでもキウイでも、あるいは缶詰フルーツでもいいでしょう。

家族の好みに合わせ、冷蔵庫にあるもので構いません。

型が無かったり、天井の低いオーブンのためにデコレーションケーキを諦めていた方にも、このぐるぐるケーキなら解決してくれるでしょう。

ぜひトライしてみて下さいね!

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ