ヘルシーティラミスのレシピ(作り方)

ヘルシーティラミスの作り方

スポンサードリンク

通常、ティラミスは「マスカルポーネ」というチーズで作られます。

しかし、脂肪分が多い上に値段もそこそこ高値です。

あの、濃厚でコクのある味わいはお店で購入するとして、家庭ではもっとヘルシーに作ってみましょう。

以前、紹介した「自家製カッテージチーズ」を使用します。

低カロリーで作り方も簡単。少々あっさりとした軽めの仕上がりになります。

甘すぎず、飽きのこない手作りならではのオリジナル。子どものおやつにはうってつけです。

市販されているカッテージチーズを使用する場合は、裏ごしタイプを選びましょう。

土台のスポンジケーキは、カステラやバームクーヘンでも代用できますので、お菓子屋さんなどで、安い切り落としなどを見つけたら手に入れておいて下さいね。

冷凍保存もできますから。

材料(タルト型一つ分)
牛乳・・・500cc
レモン汁(果汁か濃縮還元)・・・50cc
砂糖・・・大さじ4
生クリーム・・・50cc
ヨーグルト・・・大さじ2
ゼラチン・・・5g
水・・・大さじ2
インスタントコーヒー・・・カップ半分程度、濃い目に作る
好みのリキュール・・・大さじ1
スポンジケーキ・・・適量 カステラやバームクーヘンでもよい
仕上げ用ココアパウダー・・・適量
※作業を始める前に、ゼラチンを大さじに2の水の中にふり入れ、ふやかしておきます。
牛乳とレモン汁でカッテージチーズを作っておきましょう。http://www.snack-recipe.com/jam.html
市販のものを使う場合は、常温に置いて柔らかくしておきます。

タルト型1. タルト型に、スポンジケーキを敷きつめます。なるべく隙間の無いように押し込んで下さい。濃い目のインスタントコーヒーにリキュールを加えたら、それをスポンジ全体に刷毛でたっぷりと塗り、染み込むまでしばらく放置しておきます。



カッテージチーズ2. ボールにカッテージチーズを入れ、泡だて器で滑らかになるまで混ぜ合わせます。そこに砂糖を入れてさらに混ぜ合わせ、生クリームを加えてふわっとなるまで混ぜ合わせます。最後にヨーグルトを加え、全体的にしっかりと混ぜ合わせます。



ゼラチン 3. ふやかしておいたゼラチンを湯煎にして完全に溶かし、「2」のボールの中に入れてゴムべらで手早く混ぜ合わせます。だんだんと、ゴムべらの線が残るくらいにとろみが出てきますよ。コーヒーが染み込んだスポンジを、再度スプーンなどで押しつぶして平らにし、そこへ生地を流し込みます。ラップをして冷蔵庫に入れて冷やし固めます。



生クリーム 4. 冷蔵庫から取り出し、切り分けて皿に乗せ、食べる直前に茶漉しなどでココアパウダーをふり、出来上がりです。お好みで、フルーツや生クリームを添えて召し上がって下さい。



ヘルシーティラミスの作り方

今回は、生クリームを泡立てることをせずゼラチンを入れて固まらせていますので、出来上がるまでの工程に面倒な作業は無いでしょう。

ヨーグルトとレモンの酸味がとても爽やかな自家製ティラミスの完成です。

500ccの牛乳から、80~100gのカッテージチーズができます。お好みによって、増やしてみて下さいね。

ケーキそのものの甘さが控えめなので、加糖タイプのドリンクココアのパウダーをふりかけてもしつこくなりません。

マスカルポーネの代わりにクリームチーズを使用する場合も多いようですが、ここは一つ「チーズから手作り」を楽しんでみてはいかがでしょう?

牛乳がチーズになっていく様子は、理科の実験のようでちょっと面白いですよ。

手作りの美点は、甘さやカロリーを、家族のスタイルに合わせられることです。

少しの工夫で、子どももパパ様も、楽しくスマートな食生活になること間違いなしですね!

しかし、美味しいからといって、食べすぎには注意ですよ!

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ