栗乗せ・芋ようかんのレシピ(作り方)

芋ようかんのレシピ

スポンサードリンク

和菓子屋さんでよく見かける芋ようかん。

何かのお礼や、お土産などで、ようかんの折り詰めを買ったことがあると思います。

実は、自宅で簡単にできるのをご存じですか?

秋から冬に収穫されるサツマイモは、甘くてほくほく。

ご近所や実家から大量に頂くこともあるでしょう。

蒸したりスイートポテトにするのが定番なようですが、たまにはヘルシーな寒天を使って自家製にトライしてみませんか?

難しい行程や面倒な作業はありません。

ぜひ一度作ってみて下さいね!

材料
サツマイモ・・・400g
粉寒天・・・4g
砂糖・・・80g
水・・・200cc
栗の甘露煮・・・6個

1. サツマイモはよく洗ってピーラーなどで皮を剥き、輪切りにして10分ほど水にさらしておきます。その後、水をきって耐熱容器に入れてラップをし、レンジの「根菜類モード」で加熱します。菜箸がすーっと入るまで加熱します。

2. 上記のサツマイモを熱いうちに麺棒やマッシャーなどで潰します。ポテトサラダのように、なめらかになるまでまんべんなく潰しましょう。

3. 鍋に分量の水を入れ、粉寒天を入れたら木べらで軽く混ぜてから火を入れます。完全に溶けたら砂糖を加えて混ぜ合わせます。

芋ヨウカン4. サツマイモのボールに、熱い寒天液を少しずつ加えていき、練り混ぜます。ねっとりした状態になったら、水に濡らしたバットや寒天用の型に流し入れて、半分に切った栗の甘露煮を押し込むように乗せます。切りやすいように、等間隔に整列させると良いでしょう。常温になったら、ラップをして冷蔵庫で冷やし固めます。切り分けてお皿に出し、出来上がりです。


芋ようかんの作り方

秋になると、スーパーで生栗を見ることがありますね。

市販の甘露煮を使えば簡単にできますが、もし機会があれば、生栗で甘露煮を作ることをオススメします。

甘露煮 画像は手作りの甘露煮ですが「くちなしの花」を使わなくても、本みりんを入れることで、自然な黄色が出ます。


栗の皮を剥くのが大変な作業ですが、旬の味を堪能できる時期だけなので、頑張ってやってみませんか?

栗の甘露煮は、栗の鬼皮と渋皮を全て剥き、水に一時間以上さらしてアクをとった後、鍋に栗とヒタヒタになるまでの水を入れ、栗と同量の砂糖を入れ、200gの栗に対してみりん(みりん風調味料ではなく、本みりんで)を大さじ1~2杯入れ火を入れ、沸騰したら中心に穴をあけたオーブンシートで落としぶたをして、水分が三分の一になるまで煮詰めて出来上がりです。

清潔な瓶に煮汁ごと入れて、蓋をして冷蔵庫で保管します。

保存料が入っていないので、十日間くらいで食べきるようにしましょう。

そのままお茶うけにもなります。

芋ようかんを、よりなめらかにしたい場合は、加熱したサツマイモを裏ごしします。

しかし、この「裏ごし」という作業が面倒だったりしませんか?

十分に潰せば、少しサツマイモが残ってても、それはそれで食感を楽しめるので、問題はないでしょう。

砂糖はサツマイモの甘さによって加減して下さいね。

お茶うけにも、手土産にも、おやつにもなる、ちょっとお洒落な和菓子です。

ヘルシーで食物繊維たっぷりの寒天を使って、ぜひ、おやつの定番にしてみて下さい。

簡単ですから!

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ