抹茶の純生ロールのレシピ(作り方)

抹茶の純生ロールの作り方

スポンサードリンク

以外にも手軽に作ることができるロールケーキ。

ふわっとしっとりのジェノワーズスポンジ生地で巻かれた生クリームは、見た目も味も、お洒落で高級感がありますね。

さらに、フルーツやジャムなどを使うなど、アイディア次第で多様な変化をつけることができます。

今回は、あえてフルーツを含まない「純・生クリーム」で制作してみます。

生クリームだけでロールをする場合、作業をしやすくするために、クリームチーズやゼラチンを混ぜ込むことが多いですが、しっかりと泡立てれば生クリームだけでも結構綺麗に巻くことができます。

そして生地には、抹茶の粉末を加えてきれいな緑色を作り、アレンジを楽しんでみます。

材料(20㎝角の天板一枚分)
抹茶の粉末・・・大さじ1
卵・・・2個
砂糖・・・40g
水・・・大さじ三分の二程度
薄力粉・・・35g
シロップ・・・砂糖大さじ2、水大さじ1、好みのリキュール大さじ1をよく混ぜる
生クリーム・・・200ml
砂糖・・・大さじ2
飾り用粉砂糖・・・適量
※作業を始める前に、天板にオーブンシートを敷いておきます。

粉末抹茶1. ボールに卵を入れ、ハンドミキサーでときほぐしておきます。その後、別のボールに50度くらいの湯を入れて、湯煎にしながら、さらにハンドミキサーで泡立てます。軽く泡立ってきたら、砂糖を3~4回に分けて加え、粉末抹茶を振り入れ、湯煎にかけたままさらに泡立てます。


ハンドミキサー2. 湯煎から外し、生地の温度が常温になるまでさらに泡立てます。ハンドミキサーを持ち上げたときに、ヒラヒラと落ちて模様が残るくらいになるまで、きちんと泡立てましょう。水を加え、さらに全体を混ぜ合わせます。ハンドミキサーはそのまま使いますので洗わずに。


オーブン 3. オーブンを、200度に予熱しておきます。 ふるった薄力粉は、一度に全部入れ、ハンドミキサーの低速でゆっくりと、よく混ぜ合わせます。 オーブンシートを敷いた天板に流し入れ、スケッパーやフライ返しなどで四隅まで平に生地を広げます。予熱が終わったオーブンへ入れ、8~10分ほど焼きます。焼き上がったら、生地の荒熱が取れてからオーブンシートを外してアミの上で冷やします。生地の出来上がりです。


生地 4. 生地より一回り大きいラップの上に焼き面を上にして生地を置き、ハケでシロップを塗っておきます。端のスポンジを3cmくらい手前から斜めに切っておくと、巻き終わりがきれいに整います。ボールに生クリームを入れてハンドミキサーで泡立て、砂糖を2~3回に分けて入れてしっかりとツノが立つまで泡立てます。


生クリーム 5. 焼き目側の生地に生クリームをたっぷりと塗ります。その際、手前の方を多めに、向こう側に行くほど薄くなるように乗せると巻きやすいでしょう。ラップを手前から持ち上げて、ゆっくりと巻きます。巻き終わりを下にして、そのままラップに包み、両端をキャンディー状に絞り、冷蔵庫で冷やし、形を安定させて出来上がりです。2時間以上、できれば一晩冷蔵庫で冷やしておきます。柔らかい状態なので、よく切れる包丁で切り分け、お皿に乗せていただきます。


抹茶の純生ロールの作り方

抹茶の粉末は、薄力粉と一緒に混ぜるとダマになりやすくなってしまうので、卵を泡立てるときに混ぜ込むようにしましょう。

生クリームは、植物性と動物性が売られていますが、どちらでも構いません。

でも、濃厚でしっかりとした固さになるのは、ちょっと高価な「純正」と表示されている動物性です。

画像では、たっぷりと山盛りに生クリームを乗せましたが、作業が慣れないうちは少々少なめにする方がいいでしょう。

抹茶の香りと綺麗な緑が、味も色合いも生クリームとよく合います。和風な仕上がりになるので、小豆などを混ぜ込んでもいいですね。

抹茶が使われるチョコレートやケーキは、お店では普通に売られています。

しかし、古来より茶道などで使われてきた「和の抹茶」と洋菓子が、どうしてこんなにも相性がいいのだろう・・・と思ったことはありませんか?

いちご大福や生クリーム入りのどら焼きなど、意外な取り合わせが思わぬ美味しさを生み出して、見事なコラボレーションでひとつの味を表現していますね。

よく考えると、これらの相性を最初に発見した人って、すごい想像力を持っている・・・と、毎日食材と格闘するママ様には、こんな疑問が頭をよぎることがあるでしょう。

「発明」した人の知恵と発想の恩恵にあずかりながら、この抹茶ロールケーキを楽しんでみて下さい!

やっぱりこのコンビは美味しい!最初にこの二つを結びつけた人・・・天才ですね!

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ