マンゴープリンのレシピ(作り方)

マンゴープリンの作り方

スポンサードリンク

缶詰のマンゴーを使って、ちょっとトロピカルな美味しいマンゴープリンを簡単に作ってみましょう。

凝固にはゼラチンを使用します。

ミキサーかハンドブレンダーに任せた、ただ混ぜるだけのお手軽プリンです。

優しい酸味と生クリームの相性はとてもいいです。

しかも、缶詰のマンゴーは柔らかく扱いやすい上に一年中手に入ります。

短時間で下ごしらえして、あとは冷蔵庫で冷やすだけ。

覚えておくととっても便利な一品です。軽い気持ちで作ってみて下さいね。

材料(餃子24個保存用のタッパー一つ分)
缶詰マンゴー・・・一缶(固形容量200~250g)
砂糖・・・大さじ2
生クリーム・・・100cc
牛乳・・・200cc
粉ゼラチン・・・7g
水・・・大さじ2
※ゼラチンは、水の中に振りいれ、ふやかしておきます。

マンゴー1. 缶詰のマンゴーは、シロップを捨て、果実だけをボールにあけます。その中に砂糖を入れ、フォークで軽くつぶします。ある程度崩れたら、そこに生クリームと牛乳を入れます。



ミキシング2. 「1」をミキサーに入れ、滑らかになるまでミキシングします。果実がまったく感じられないほどの液体になったら、再びボールにあけます。画像のように、ハンドブレンダーで行う場合は、ボールに直接器具を入れて高速でミキシングして下さい。



ゼラチン 3. ふやかしたゼラチンを、レンジで30~40秒ほど加熱し、完全に溶かします。泡立て器に持ち替えて、少しずつ「2」のボールに入れ、その都度よく混ぜ合わせます。容器に流し入れ、ラップをして冷蔵庫で冷やし、出来上がりです。



マンゴープリンの作り方

プリンという名がついていますが、卵ではなく、ゼラチンを使用しました。

プルンとした滑らかな舌触りは、手作りとは思えないほどの美味しさです。

型抜きにしたい場合は、ゼラチンの量を増やして、固めの仕上がりにする必要があります。

ここでは、冷やし固めた器のまま召し上がる、柔らかいタイプのプリンなので、食卓に出すことを前提にした器で制作しましょう。

砂糖も、家族の好みに合わせて調節して下さい。材料は、季節を問わずいつでも手に入る缶詰です。

思いついた時に手軽に作れ、簡単な割にとっても美味しいです。言うこと無しですね!

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ