スティックメロンパンのレシピ(作り方)

スティックメロンパンの作り方

スポンサードリンク

家庭で作る焼き立てメロンパンは、サクサクでふんわり。

この味を知ってしまったら、時間が経過した市販品を食べられなくなってしまいますね。

しかし、サクサクメロンパンには難点がひとつ。お気づきの方もいらっしゃるでしょうが、とにかくボロボロとクッキーの「食べかす」がこぼれてしまいますよね。

床を掃除するだけでも一苦労。

でも、せっかく手作りする訳ですから、焼き立ての歯触りを楽しみたいもの。

何かいい手立てはないものかと考えていると、あるコンビニに立ち寄った際、面白いものを発見しましたよ。

なんと、メロンパンがスティック状になって売っていたのです。

通常の円盤型よりも口に入りやすく、子供でも食べやすいかたちをしています。

この発想は参考にさせていただきたい♪早速、自宅のオーブンを稼働です!

今回は、成形だけをピックアップです。

メロンパンのクッキー生地とパン生地の作り方は、こちらのページをご覧ください。

メロンパンのレシピ

この材料の他に、ココアパウダー(加糖タイプ)を用意してください(無くても大丈夫です)。

※クッキー生地は、冷蔵庫で冷やしておくと扱いやすくなります。

パン生地 ココアパウダー
1. 一次発酵が終了したパン生地をパンチし、ガス抜きをします。麺棒で平らに伸し、上下を左右をつまんで伸ばしながら四角くなるようにします。プレーン生地で作る場合はここでパン生地の成形は終わりです。ココアパウダーを全面にふりかけ、三つ折りにたたみます。その上から麺棒で伸し、5ミリ程度の厚さになったらさらにココアパウダーをふりかけ、三つ折りにします。


天板 生地
2. あとは、ひたすら平らになるようにします。天板の大きさよりも一回り小さいくらいの大きさになるまで伸し、出来上がったら生地が乾燥しないように固く絞った手ぬぐいをかけておきます。


クッキー生地 グラニュー糖
3. クッキー生地はよく冷やしておき、大きめのラップに挟んで平らに伸します。パン生地よりも少々大きめになるようにしましょう。伸し終えたら、片側のラップをはがし、パン生地に重ねます。その後、上のラップをゆっくりとはがしていきます。グラニュー糖をまぶし、固く絞った手ぬぐいをかけ、20分ほど二次発酵させます。


4. オーブンを180度に予熱しておきます。二次発酵が終わった生地を、包丁で細く切り、間をあけながら天板に並べます。その際、包丁は一回ごとにきちんと吹き取ってあげると切りやすいでしょう。もし、時間があるようでしたら。二次発酵が終わったら、そのまま冷蔵庫で30~40分ほど冷やすと、クッキー生地が固くなり、切りやすくなります。


予熱 5. 予熱が終わったオーブンに天板を入れ、15~18分焼き上げます。表面に、うっすらと焦げ目がついたらできあがりです。アツアツサクサクを召し上がってくださいね。



スティックメロンパンの作り方

どうしてこの「かたち」に今まで気がつかなかったのだろうと悔やまれます。

小さなお子さんでも、ボロボロすることなく食べられるのがスティック形状のいいところです。

お友達の家に持っていっても安心ですね。グラニュー糖も、ひとつひとつ付けることもなく、うえからまとめてふりかければいいわけですから、作業が一つ省略された気分です。

今回、ココアパウダーを折り込みましたが、最初はプレーンのパン生地で作ってもいいですね。十分おいしいですよ。

メロンパンをスティックにしてしまうなんて……と、コンビニで見たときには思わず凝視してしまいました。

軽く片手で持って、サクッと一口!ナイスアイディアです。

前回のごまスティックと同様に、かたちを少し工夫するだけで、ぐんと食べやすくなってしまうのですね。食べやすいと、味にも変化があったような気持ちになります。

やはり、手作りおやつというのは奥が深いですね。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ