ミルクもちのレシピ(作り方)

ミルクもちの作り方

スポンサードリンク

涼しさを感じられるおやつと言えば、あの透明感が心地良い「わらびもち」が浮かびます。

ところで、わらびもち粉とは、一体何から作られているのでしょう。

表示には「澱粉」とあります。本来は、山菜のわらびから採れるものが「わらび粉」ですが、生産量が非常に少ないので、市販されているものは「さつま芋澱粉」なのだそうです。

では、いつもキッチンに待機している「片栗粉」で代用できるのではないかと考えたことがありませんか?

なぜならこちらも澱粉が原材料ですから。そこで調べてみると、片栗粉から作る「もち」のおやつが、多く取り上げられていることが分かりました。

わらびもち粉は無いけど片栗粉ならある…というご家庭がほとんどですね。

実際、本当においしくできたら、とても嬉しい発見ですね。早速試してみましょう。

材料
牛乳・・・300cc
片栗粉・・・50g
砂糖・・・大さじ3
きな粉・・・適量

牛乳1. 鍋に、牛乳、片栗粉、砂糖を入れ、木べらで混ぜながら中火にかけます。鍋底が焦げないように注意し、火が付いている間は、常に混ぜているようにします。



固形物2. 少しずつ固形物が出てきますので、弱火にします。だんだんと全体が「のり状」に、なるので、力を入れてしっかりと混ぜ合わせます。



もったり バット
3. 全体に火が入り、もったりとしたら火を止めます。水で濡らしたバットに流し込み、平らにして冷まし、常温になったらラップをして冷蔵庫へ入れ、冷やして出来上がりです。適当な大きさに切り分け、お好みで、きな粉や黒蜜をかけて召し上がってください。


ミルクもちの作り方

すごいですねー!片栗粉で和菓子ができました。

牛乳の優しい甘さが、とっても心地よいです。

質感は、お餅のようなモチモチでもなく、寒天のようなサックリでもなく、その中間点にある「くず餅」のようです。

材料を鍋に入れて、火にかけながらまぜるだけで、しっかりとしたおやつになるのは嬉しいですね。

ここで紹介した分量は、ミルクもちを最初から甘くしていますので、きな粉に砂糖は混ぜませんでした。

もちの砂糖を少なくして、きな粉に砂糖を入れて調節してもいいでしょう。

暑い夏は、キッチンに立つのも億劫です。簡単な材料で簡単にできるものに限ります。

涼しげで美味しいですよ!

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ