マフィンのレシピ(作り方)

マフィンの作り方

スポンサードリンク

おやつにも軽食にもなるマフィンは、プレゼントにもティータイムにも楽しめるお馴染みの一品です。

クルミやナッツの他、野菜やチーズなどを入れて様々なアレンジが楽しめる優れものです。

焼きたてで食べると、中はしっとり表面はさっくりとした柔らかさで、時間を置くと、生地が落着いて口当たりもしっかりとしたものになります。

食べやすい大きさで、日持ちもするので持ち運びにも便利です。

ここでは、軽食に適したチーズ、おやつとしてのチョコと果物を入れた3種をご紹介します。

材料(マフィンカップ6~7個)
バター・・・60g
砂糖・・・50g
卵・・・1個
牛乳・・・大さじ2程度
薄力粉・・・120g
ベーキングパウダー・・・小さじ1.5
チョコチップ・・・大さじ1
ココアパウダー・・・大さじ1
ブルーベリー・・・適量
ピザ用チーズ・・・一握り程度
※バターと卵は常温にしておき、薄力粉とベーキングパウダーは混ぜてふるっておきます。

マフィン1. ボールに柔らかくなったバターを入れ、泡立て器で練り混ぜます。クリーム状になったら砂糖を入れ、さらに泡立て器ですり混ぜます。砂糖のざらつきが無くなってきたら、常温にした卵を割り入れ、力強く練り混ぜます。


2. ふるった薄力粉とベーキングパウダーを「1」の中に入れ、ゴムべらに持ち替えてさっくりと混ぜ合わせます。これでプレーン生地の完成です。


マフィン マフィン
3. このプレーン生地を三等分します。それぞれをボールに移し、ココアパウダーとチョコ、ブルーベリー、ピザチーズをいれ、混ぜておきます。マフィン型に紙ケースを入れ、生地を8分目まで入れ、170~180度に予熱しておいたオーブンで25分焼いて出来上がりです。表面が軽くきつね色になっていなければ焼き時間を延長して下さい。


マフィンのレシピ

クリーム状になったバターが分離しないように、卵はなるべく常温にしておきましょう。

生地は焼いているうちにムクムクと膨らんできますので、8分目異常は入れなようにしてください。

仕上がりが綺麗な形になるように、紙ケースは必ずマフィン型に入れ、安定させて焼き上げるのがポイントです。

アルミケースでも代用できます。紙ケースがないときは、マフィン型にバターを塗って作業してもよいでしょう。

焼きたてでも翌日でも、とっても美味しいマフィン。

にんじんやコーンなど、甘さを抑えた具材を入れればランチにもなりますね。

中途半端に残った製菓材料や野菜などをプレーン生地に混ぜ込み、いろいろアレンジしてみて下さい。

「我が家の味」が存分に追求できるのがマフィンですから、レシピ本には無いオリジナルを楽しんで下さいね。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ