おから餅のレシピ(作り方)

おから餅の作り方

スポンサードリンク

買い物をしていると、ふと「おから」が目に入ることがありませんか?

安価で、美容効果があって、食物繊維が多く、とても優秀な食材だから、思わず手にとってしまいます。

このサイトでも、何度か使用したことがありますね。

何気に検索してみると、実に多くの人が、おからを美味しく摂取しようと工夫されています。

ここでも、このおからレシピをまたひとつ増やしてみましょう。

とっても簡単な「おから餅」を作ります。工程は、材料を混ぜるだけ。

以前ここでミルク餅を紹介しましたね。

そのとき、牛乳と片栗粉の相性がいいということと、餅としての完成度を確認することができました。

その二つに、今度はおからを加えて健康的で美味しいおやつにしてみましょう。

仕上がりはもちもちで優しい食感です。短い時間でできますよ!

材料
<餅>
生おから・・・100g
片栗粉・・・100g
砂糖・・・大さじ3
牛乳・・・100cc
<みたらしあん>
水・・・50cc
砂糖・・・50g
醤油・・・大さじ2
みりん・・・小さじ1
片栗粉・・・大さじ1

おから1. ボールに、おから、片栗粉、砂糖、牛乳を入れ、手でよく混ぜていきます。ひと固まりになったら捏ねるようにし、楕円に成形します。水分が多く、成形しにくいと思われますが、打ち粉をしたりおからを足したりしないようにしましょう。



鍋 沸騰
2. 大きめの鍋に、たっぷりの水を入れて湯を沸かします。沸騰したら、成形した餅を入れていきます。沸騰状態を保ち、浮き上がってきたらざるに上げ、水分を切っておきます。


3. みたらしあんを作ります。レンジ可能な器に、みたらしあんの材料をすべて入れて混ぜ合わせ、ラップをかけずにレンジに入れて一分加熱しますが、沸騰して噴きこぼれそうになったらすぐに止めましょう。取り出して混ぜ、ゆるいようなら再び過熱します。とろみがつくまでこの作業を繰り返します。出来上がったおから餅をくぐらせ、出来上がりです。温かいうちに召し上下さいね。


おから餅の作り方

みたらしあんだけでなく、きな粉、抹茶、あんこなど、いわゆる一般的な団子と相性がいいもので付け合わせをしてみてください。どれも本当に美味しいですよ。

余ったおからは、小分けにして冷凍しておくと長期保存が可能です。

成形は、火が通りやすいよう、大きすぎない楕円のかたちにしましょう。

おから特有の臭みもなく、牛乳の優しい香りが心地いいです。子どもからお年寄りまで楽しむことができると思われます。

作業も簡単なので、お子様と一緒に作ってみるのもいいですね。

冷めると固くなって味が落ちてしまうので、出来立てをおすすめします。

混ぜて丸めてゆでるだけ、タレはレンジでできあがり…、体にもお財布にも嬉しいおからのレパートリーが、またひとつ増えましたね。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ