ピザのレシピ(作り方)

ピザの作り方

スポンサードリンク

宅配ピザって、どうしてこんなに高いんだろう・・・。

そう思いませんか?

強力粉と薄力粉とドライイーストさえあれば、いつも家庭にある調味料を加えるだけで作れるんですよ。

時間があるときに作って冷凍しておけば便利です。

さらに生地を小さく成形して保存しておけば、小腹が空いたときにささっと取り出し、ハムとチーズを乗せてオーブンで焼けば、簡単おやつになります。

もちろん、おやつの他、パスタやサラダを付け合わせれば立派なディナーにもなりますね。

ここでは、クリスピー生地の作り方を紹介します。

具には、定番のベーコンやピーマンの他に、ゆで卵、ナス、ジャガイモ、ツナ、さらに余ったカレーなどでも美味しく仕上がります。

何せ、最後にピザ用チーズを乗せてしまえば、「ピザ」になってしまうので、各家庭でアレンジしてみて下さいね。

材料(中サイズの円形型クリスピー生地2枚分)
中力粉(無ければ薄力粉と強力粉半々)・・・150g
牛乳・・・40cc
水・・・40cc
オリーブオイル・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ1
塩・・・小さじ2分の1
ドライイースト・・・小さじ1に満たない程度

1. コップに牛乳と水を入れ、レンジで40秒温め、人肌くらいの温度にします。

2. ボールに中力粉、砂糖、塩を入れ、箸などでよく交ぜておき、中心にくぼみを作り、その中に一気に1を入れ、オリーボイルも加えましょう。

ピザの生地3. 水分めがけてイーストを振り入れ、菜箸でグルグルと交ぜ、ひとかたまりになったら台に移し、捏ねます。かなりベタベタして扱いにくいかもしれませんが、打ち粉ナシで、スケッパーですくいながら持ち上げては叩きつけては捏ねます。



ピザの作り方 ツヤが出てくるまで繰り返します。5分捏ねればオッケーです。


4. 生地をボールに移し、ラップか蓋をして、40分くらい暖かいところで放置(一次発酵)します。

pizza5. 生地を二等分して、それぞれ丸めて麺棒で伸ばします。ここで初めて打ち粉を使います。扱いやすくなりますよ。8割くらいのばせたら、オーブンシートの上に乗せ、さらに伸ばしていきます。



ピザ シートからはみ出た部分を端から丸め、周囲をドテにします。天板が四角型でも丸型でも、端に「ドテ」を作っておくと、チーズが流れてもはみ出しませんよ。



ピザの作り方6. 成形ができたら、フォークでブスブスとピケをしましょう。これでピザ生地が出来上がりです。
※この状態で冷凍保存が可能です。オーブンシートに乗せたまま袋に入れ、平に置いて凍らせて下さい。完全に凍って固くなったら、立てて保存できます。


7. 具を乗せ、余熱したオーブンへ。180度で20分焼き、ドテの部分とチーズの表面に焦げ目ができたら出来上がりです。

ピザのレシピ

トマトソースは、薄いクリスピータイプのピザだと味が濃くてなってしまいます。

カットトマト缶をタッパーにあけ、大さじ1くらいの塩を入れて交ぜるだけの、あっさりトマトソースをおすすめします。これも冷凍保存できます。

ピザ生地に塩・コショウをして、トマトソースを塗り、次にタマネギを乗せて下さい。

以降の順番はお好みで、最後にピザ用チーズを乗せて下さい。

高性能のオーブンをお持ちの方は、是非高温・短時間で試して見て下さい。

パリっとした食感が出やすくなりますよ。

その場合、具は乗せすぎないようにしましょう。

冷凍庫から、さっと生地を出し、準備している間に解凍。

具材を乗せて焼くだけのお手軽調理。

さあ、今日から高価な宅配ピザにサヨウナラして、家庭でできる美味しいピザを楽しみましょう!

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ