フランスパンのラスクのレシピ(作り方)

フランスパンのラスクの作り方

スポンサードリンク

バームクーヘンをスライスした、トースターで焼くだけのリッチなラスクを紹介したいことがあります。

本来のラスクは、フランスパンを完全に乾燥させて作り上げます。

ここで作るラスクは、その基本的な方法です。

手捏ねのパン作りをして慣れてくると、自宅でフランスパンができないだろうかと考えたりしませんか?

しかし、自宅の電気オーブンで売っているような仕上がりにするのはなかなか難しいです。

失敗することも多いかと思われます。

そこで、その失敗したフランスパンを、美味しいお菓子に変身させてみました。

もちろん、自作のフランスパンでなくとも、スーパーなどで売っているもので十分なので、ぜひ挑戦してみて下さいね!

材料
フランスパン・・・バゲット1本分
砂糖・・・30g
バター・・・30g
ザラメ砂糖・・・適量(無くてもよい)
※作業を始める前に、バターは常温にして柔らかくしておきます。

フランスパン1. フランスパンを一センチにスライスし、天板いっぱいに並べます。オーブンを150度に設定し、予熱をします。


2. 予熱が終わったオーブンに天板を入れ、十五分焼きます。表面が焦げないように注意をして下さい。焼きあがったら、アミの上に置いて完全に冷めるまで乾燥させます。


バター シュガーバター
3. ボールに、柔らかくなったバターを入れ、泡だて器で混ぜます。クリーム状になったら、砂糖を入れ、白っぽくふわっとした状態になるまで混ぜ合わせます。シュガーバターの出来上がりです。


オーブン 4. オーブンを、再び150度に設定し、予熱をしておきます。完全に冷めたフランスパンに、シュガーバターをたっぷりと塗り、最後にザラメ砂糖(無くてもよい)を散りばめ、天板に並べます。予熱が終わったオーブンの中に入れて十五分焼き、冷めたら出来上がりです。



ラスクの作り方

サクサクした甘いラスクの食感は、次々と手が伸びてしまう美味しさですね。

シュガーバターを基本にして、シナモンや抹茶の粉末をふりかけてもいいでしょう。

歯ごたえのある美味しいラスクを作るには、とにかく水分を飛ばして乾燥させることです。

そのため、低温で二度焼きをする工程は省かないことが大切です。

フランスパンは、発酵のさせ方、焼成温度、成形など、少々難しいものです。

気温や湿度によって変化があり、なかなかの「じゃじゃ馬」。

しかし失敗しても、一工夫食えれば、立派なお菓子になるんですね。

フランスパンに挑戦するとき、失敗しても再生できると思うと、安心して作業ができますね。

もちろん、市販のフランスパンでも美味しくできますよ。

もうお菓子屋さんで買うことはなくなるかもしれませんね。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ