アウトレットでリングケーキのレシピ(作り方)

リングケーキの作り方

スポンサードリンク

「アウトレット」は、何も洋服だけの世界で発生するものではありません。

お菓子の世界でも存在するのです。

製造工程でどうしても出てしまうバームクーヘンやスポンジケーキの切り落としなどがそうですね。

味は変わらないのに、形が悪いだけでよけられてしまうのは、何とも勿体ない話です。

スーパーや洋菓子店などでは、この切り落としが安価な値段で売られていることがあります。

それを利用したおやつをいくつか紹介してきましたが、今回は切り落としのスポンジケーキを使って、少し派手な仕上がりを目指してみました。

実際に作るのは、カスタードクリームだけです。

今回のカスタードは、全卵を使った軽めのクリームにしてみます。

材料(エンゼルリング型1台分)
スポンジケーキ・・・ポリ袋いっぱい分程度(バームクーヘンでも可)
卵・・・2個
砂糖・・・70g
薄力粉・・・30g
牛乳・・・400cc
バター・・・10g
バニラエッセンス・・・少々
好みのリキュール・・・小さじ1
ゼラチン・・・5g
バナナ・・・2本
生クリーム・・・200cc
生クリーム用砂糖・・・小さじ4
飾り用フルーツ・・・フレッシュでも缶詰でもお好みで
※作業の前に、大さじ2の水の中にゼラチンを振り入れ、ふやかしておきます。

スポンジ1. エンゼルリングの型を用意します。スポンジ(画像はココア味のものを使用)を扱いやすい大きさにちぎっておき、型の中に敷きつめていきます。崩れないよう、底、側面に、しっかりと抑えつけます。最後に蓋をするので、スポンジは三分の一程度、取り置きしておいてください。


2. カスタードクリームを作ります。鍋に牛乳を入れ、人肌程度に温めます。ボールに卵と砂糖を入れ、泡だて器で混ぜ合わせます。滑らかになったら薄力粉をふるい入れ、さらに混ぜ合わせます。


ゼラチン 3. 温めた牛乳を「2」のボールの中に入れ、よく混ぜ合わせ、茶漉しなどで漉しながら再び鍋に入れます。中火にし、木べらでゆっくりと混ぜていきます。ここでふやかしたゼラチンを入れ、鍋の中で完全に煮溶かしてしまいます。下の方から段々とクリーム状に固まってきたら弱火にし、鍋底からゆっくりと混ぜ合わせていきましょう。もったりとしたら火を止め、バターを入れて混ぜ合せ、最後にバニラエッセンスとリキュールを入れます。


カスタードクリーム スポンジ
4. スポンジを敷きつめた型に、カスタードクリームを流し込みます。半分入れたらバナナを入れ、その上から残りのカスタードを流し入れます。取り置きしておいたスポンジで蓋をし、冷蔵庫で冷やします。しっかりと冷えたら、型に大きめのお皿をかぶせ、皿と型をしっかり持って逆さにし、取り出します。


生クリーム 5. 別のボールに生クリームを入れ、軽く泡立てたら砂糖を三回くらいに分けて入れ、しっかりと泡立てます。絞り袋にストレートの金口をつけて生クリームを入れ、全体に線を描くように乗せていきます。すべて使いきってしまいましょう。中心に好みのフルーツ(画像はマンゴーの缶詰)を添えて出来上がりです。


リングケーキの作り方

迫力のある豪華なケーキに仕上がりました。

これなら、おやつだけでなく、お誕生日や来客があるときに出しても対応できますね。

生クリームをたっぷりと乗せるので、中のカスタードは全卵で軽めの味にし、ゼラチンの力を借りてしっかりとした固さのあるクリームになるようにしました。

もちろん、通常の卵黄だけで作る濃厚なカスタードにしても美味しいですよ。

バームクーヘンで作る場合も、やり方はまったく同じなので、買い物に行ったときに手に入りやすいもので作ってみて下さいね。

型から外す際、多少崩れてしまっても、上から生クリームで飾るので大きな失敗にはなりません。

アウトレットも、工夫次第でしっかりしたデコレーションケーキに大変身です。

熱い天板を扱うこともないので、お子様と一緒に作ることができますね。ぜひ楽しんで下さい!

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ