チーズ蒸しケーキのレシピ(作り方)

チーズ蒸しケーキの作り方

スポンサードリンク

コンビニで売られているチーズ蒸しパンは、ふわふわしていながらも濃厚なチーズの風味が心地よく、おやつや小腹がすいたときなどにとっても便利で美味しい一品ですね。

あのふわっとした柔らかさは、お店ならではの口当たり。

原材料の表示を見てみると、家庭では手に入りにくいものや、聞いたことのないような横文字も記されています。

ですので、あえて自宅ならではのしっとり感や甘さの加減などを楽しんで、安全に美味しいおやつを子どもに提供してあげましょう。

蒸すという工程には、蒸し器を使う方法と、天板に水を張ってオーブンで焼く方法があります。市販されている商品に焦げ目がついているのはオーブンで作られたものですが、節電という意味合いも含め、今回は電力を使わない「蒸し器」で作業してみましょう。

材料
薄力粉・・・100g
砂糖・・・80g
ベーキングパウダー・・・小さじ1
卵・・・2個
クリームチーズ・・・100g
スライスチーズ・・・3枚(溶けないタイプのもの)
サラダ油・・・30cc
牛乳・・・60cc
※クリームチーズとスライスチーズは、室温に置いて常温にしておきます。

クリームチーズ1. 室温に戻したクリームチーズとスライスチーズを合わせてボールに入れ、泡立て器でクリーム状にします。その際、固くて作業しにくい場合は、レンジで30秒ほど加熱するか湯せんにすると、柔らかくなります。


ベーキングパウダー2. 「1」のボールに、砂糖を入れて、よく混ぜ合わせ、順番に卵、サラダ油、牛乳を入れ、その都度泡立て器でよく混ぜ合わせ、滑らかにしていきます。最後に薄力粉とベーキングパウダーをふるい入れ、ゴムべらでさっくりと混ぜ合わせて生地の出来上がりです。



グラシン紙 生地
3. グラシン紙を敷いたカップに、生地を八分目まで入れ、沸騰して湯気が上がった蒸し器の中に並べます。10分ほど蒸しあげ、竹串を刺して生地がつかずにふっくらとしていたら出来上がりです。


チーズ蒸しケーキの作り方

ボールの中に次々と材料を入れて混ぜていくだけの工程は、蒸しケーキの手軽さを象徴しています。

二種類のチーズを入れることによって、濃厚さに広がりができ、最後まで飽きのこない仕上がりになると思われます。

甘さ控えめの分量ですので、好みに合わせて砂糖を加減して下さい。

朝食としてそのまま食べても十分おいしいですが、おやつにする場合は、はちみつやコンデンスミルクをかけてもいいですよ。

蒸して作るおやつは、水分がしっとりと含まれて、オーブンで焼くケーキとは違った心地のいい重さがあります。

電力を中心にしなくても、家庭でのおやつ作りはできますね。

何かが無くても、ママの経験と知恵で工夫すれば美味しいものは作れます。

臨機応変に考えながら、子どものお腹を愛情で満たしてあげましょう。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ