スティックパンのレシピ(作り方)

スティックパンの作り方

スポンサードリンク

今回も、基本のパン生地を使用して、パン屋さんに並んでいるような、ちょっとお洒落な仕上がりにしてみます。

生地にドライフルーツを練り込んでものといえばレーズンが定番ですが、ここでは少し風変わりに「クランベリー」を使います。

製菓材料店だけでなく、現在ではスーパーのナッツやプルーンが並ぶ棚に置いてあることがあるので、ぜひチェックしてみて下さい。

ベリー特有の甘さと酸味、そしてあの鮮やかな赤みが、いつものパン作りに彩りを与えてくれます。

どんなかたちにするかはお好み次第ですが、今回は子どもでも食べやすいようにスティック状に成形しました。

そして、ドライフルーツとはまた別に、チョコチップも作ってみました。

材料(八本分)
強力粉・・・200g
砂糖・・・大さじ2
塩・・・小さじ2分の1
牛乳・・・140cc
バター・・・15~20g
ドライイースト・・・小さじ1
クリームチーズ・・・適量(30~50g程度)
クランベリー・・・ドライ加工のもの20gほど
チョコチップ、チョコレートソース・・・適量
※作業を始める前に、クランベリーを細かく刻んでおき、クリームチーズは常温に置いて柔らかくしておきます。

1. 大きめのカップに牛乳とバターを入れ、レンジで40秒ほど温めます。


2. 耐熱ボール、もしくはレンジ可能な大きめの器に強力粉、砂糖、塩を入れてよく混ぜ、中心に穴をあけておきます。「1」をレンジから取り出し、人肌くらいの温度になっていることを確認して(バターは完全に溶けてない)ボールの中心に流し込み、その水分めがけて、ドライイーストを入れます。


3. 菜箸(あるいは三本の指で)でぐるぐると回して混ぜ、ひとかたまりになったらゴムべらなどで綺麗に取り、台に出します。左手にスケッパーを持ちながら、右手で捏ねていきましょう。台にくっついたりしますが、スケッパーですくい取りながら捏ねます。捏ねているうちに扱いやすくなってきますので、打ち粉は使わないようにしましょう。


4. 手につかなくなったら、生地を持ち上げ、台に叩きつけます。スケッパーですくい、また持ち上げて叩きつけます。この作業を、生地の表面がつるっとした柔らかな状態になるまで続けます。


5. 捏ねた生地をボールに戻し、ラップか蓋をして、レンジ加熱の最も弱い「刺身解凍用キー」を押して、1分ほど温めます。そのままレンジから取り出さず、2倍の大きさになるまで放置します(ベンチタイム)。これが一次発酵です。気温によって発酵時間は異なりますが、40分ほど放置して様子を見て下さい。膨らみが足りないようなら延長します。


クランベリー チョコチップ
クランベリー チョコチップ
6. 一次発酵が終わって膨らんだ生地を、ボールの中で全体にパンチしてガス抜きをします。ゴムべらで取り出して二等分し、片方は刻んだクランベリー、もう片方にはチョコチップを入れて捏ねていきます。具がまんべんなく生地に練り込まれたら、スケッパーで四等分ずつ計八個に切り分け、手で丸めます。両手で細く伸ばします。一つ一つを麺棒で伸し、細長い楕円形にして、クランベリーの方には中心にクリームチーズを生地の上で伸ばし、上下から折り畳んでしっかりと閉じ、チョコチップの方も同様にソースを置き、綴じ目を下にして、オーブンシートを敷いた天板に間を空けながら並べていきます。固く絞った手拭いやガーゼなどを生地の表面にかけ、温かいところに置いて20分ほど放置します(二次発酵)。その間にオーブンを180度に予熱しておきましょう。


二次発酵 7. 予熱が終わったオーブンに、二次発酵が終了した生地を入れ、15分ほど焼いて出来上がりです。アミの上に置いて、荒熱が取れたら召し上がります。翌日に食べる場合は、密閉袋に入れて、乾燥しないように保存して下さい。



スティックパンの作り方

ドラーフルーツを入れると、パン生地の水分がフルーツに奪われ、少々固い仕上がりになります。

しかし、スティック状に成形するので、食べにくいということはありません。

クランベリーはそのまま使うと、口の中で果実がゴロゴロと残ってしまいがちなので、刻んで投入することをおすすめします。

チョコレートソースの方は、入れすぎると閉じるときに困難な状態になってしまうので、少なめに入れるようにしましょう。

ちょっと贅沢な印象があり、パン屋さんの一品のようになるでしょう?

クランベリーの甘さだけで十分甘いので、クリームチーズに砂糖は加えませんでした。

スーパーに並ぶドライフルーツは、最近では本当にたくさんの種類が陳列されています。

ネットで検索したり、専門店に行ったりしなくても手に入れることができますので、定番のレーズンの他に、冒険心で使ったことが無いフルーツを扱ってみるのもいいでしょう。

さて、家族の好みに合わせると、何を選んだら良いでしょうか?

基本のパン生地は、果てしなくバリエーションが広がっていきますね!

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ