スイートブールのレシピ(作り方)

スイートブールの作り方

スポンサードリンク

子どもたちが大好きな甘いパン。メロンパン、チョコレートパン、ジャムパン、クリームパンなど、種類は様々。

パン屋さんでよくみかるUFOのような丸くて可愛い印象のパンを見たことがありますか?

これは、スイートブールという名前で、リッチパンに甘いクッキー生地が包まれている絶品の菓子パンです。

このクッキー生地は、メロンパンのようなハードなタイプではなく、柔らかいパウンドケーキの生地が表面に施されているのです。

もちろん、ご家庭でも簡単にできます。ぜひチャレンジしてみて下さい。

材料(9~10個分)
●パン生地
強力粉・・・200g
砂糖・・・大さじ2
塩・・・小さじ二分の一
牛乳・・・140cc
バター・・・20g
ドライイースト・・・小さじ1
チョコチップ・・・適量(無くてもよい)
●クッキー生地
薄力粉・・・50g
砂糖・・・50g
バター・・・50g
卵(M、Lサイズのどちらでも)・・・1個
※作業を始める前に、バターと卵は常温にしておきましょう。

1. 大きめのカップに牛乳、バターを入れ、レンジで40秒ほど温めます。


2. ボール、もしくはレンジ可能な大きめの器に強力粉、砂糖、塩を入れてよく混ぜ、中心に穴をあけておきます。「1」をレンジから取り出し、人肌くらいの温度になっていることを確認し(バターは完全に溶けてない)中心に流し込みます。その水分めがけて、ドライイーストを入れます。


3. 菜箸でぐるぐると混ぜ、ひとかたまりになったらゴムべらなどで綺麗に取り、台に出します。左手にスケッパーを持ちながら、右手で捏ねていきましょう。スケッパーですくい取りながら打ち粉をせずに捏ねます。捏ねているうちにだんだんと手にも着かなくなってきます。


4. 手につかなくなったら、生地を持ち上げ、台に叩きつけます。スケッパーですくい、また持ち上げて叩きつけます。この作業を、生地の表面がつるっとした柔らかな状態になるまで続けます。


5. 捏ねた生地をボールに戻し、ラップか蓋をして、レンジ加熱の最も弱い「刺身解凍用」のキーを押して、1分ほど温めます。そのままレンジから取り出さず、2倍の大きさになるまで放置します(ベンチタイム)。これが一次発酵です。気温によって発酵時間はことなりますが、40分ほど放置して様子を見て下さい。膨らみが足りないようなら延長します。


クッキー生地 6. ベンチタイムの間に、クッキー生地を作ります。ボールにバターを入れ、泡立て器でクリーム状になるまで混ぜ合わせ、砂糖をいれてすり混ぜ、卵を割り入れてなめらかになるまですり混ぜましょう。薄力粉をふるいながら入れ、ゴムべらで粉っぽさが無くなるまで練り混ぜます。パンの二次発酵が終わるまで、ひとまず冷蔵庫に入れておきます。


7. 膨らんだパン生地をパンチして、ガス抜きをします。完全に潰れたらゴムべらで台に取り出し、チョコチップを散りばめて、まんべんなく生地に混ざるように捏ねてひとかたまりにし、スケッパーで9~10等分し、丸く成形します。オーブン用の紙カップの上に、綴じ目を下にして置き、固く絞った手ぬぐいをかぶせて20分間二次発酵させます。


クッキー生地 8. オーブンを、170度に予熱します。クッキー生地を注射器タイプの絞り器の中に入れ、二次発酵が終わったパン生地の上の中心から、円を描くように渦巻き状に絞り出します。予熱が終わったオーブンに入れて20分焼き、表面にこんがりとした焼き色が着いていれば出来上がりです。


スイートブールの作り方

余ったクッキー生地は、ラップに包んで冷凍保存できます。再び使用するときは、常温にして柔らかく戻します。

表面につけた渦巻きは、オーブンに入れたらすぐに溶け出していきますので、ここでは、隣り同士がくっつかないためにオーブン用の紙カップを敷きました。

溶けた生地を受け皿無しでそのまま放置して天板で焼くと、出来上がりがUFOのような形になりますよ。

スイートブールは、表面がクッキー生地に覆われているため、中のパン生地はしっとりふわふわです。

チョコチップをいれずプレーンパンでも十分美味しいです。外側はサクっと、中はふんわり柔らかい仕上がりになります。いつものパンと、いつものパウンドケーキ。

これをミックスさせると、凄くお洒落な一品になりますね。ぜひ作ってみて下さいね。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ