梅ジュースのレシピ(作り方)

梅ジュースの作り方

スポンサードリンク

梅が実る頃に雨季になる・・・だから「梅雨」と書くそうです。

5月の下旬から6月下旬までが梅の実の旬です。

ホワイトリカーと氷砂糖に漬けこんで、梅酒を作っている大人の方も多くいらっしゃるでしょう。

今回は、この実を使って子どもも飲める梅ジュースの原液を作ってみましょう。

成分としては、疲労回復に優れているそうで、猛暑を乗り切るにはうってつけの飲み物であると言えますね。

梅の酸味が心地良く、すっきりと爽やかなジュースができます。

環境的に収穫できない方でも、スーパーで簡単に手に入ることでしょう。

作る工程は簡単そのものですが、梅雨はカビや菌が繁殖しやすい時期なので、手、器具、保存容器は清潔な状態にしましょう。

材料
梅の実・・・南高など、大きめの青い果実700g~1kg
上白糖・・・梅の実と同量

梅の実1. 梅の実は綺麗に洗い、爪楊枝でヘタを取り除き、キッチンペーパーで一つ一つ拭いて、ザルにあけて一~二時間ほど日陰干しにし、完全に水分を無くします。その後、ビニール袋に梅の実を入れ、「冷凍庫」で二十四時間以上冷凍します。


2. 容器の準備をします。ガラス製の容器、中蓋、外側の蓋のすべてを中性洗剤で綺麗に洗い、熱湯をかけて煮沸消毒します。※瓶の種類によっては、蓋などのプラスチック部分が熱湯に適していない場合がありますので、その際はぬるま湯や焼酎で消毒します。 煮沸したら、拭かずに逆さまにして自然乾燥させておきます。乾燥したら内側を触らないようにしましょう。


砂糖 容器
3. 冷凍が終わった梅の実を取り出し、清潔な瓶に梅、砂糖の順番に交互に入れていきます。最後は、砂糖で梅の実を覆いかぶせるようにします。しっかりと蓋をして、寝かせて置きます。梅の実が解凍され、容器の外側に水分が出るので、最初の一日はタオルの上に乗せておきましょう。


瓶 4. 一日に二~三回、瓶を左右に振って、砂糖が早く溶けるように促します。十日経過し、砂糖が完全に溶けていたら実を取り出し、鍋に液体をあけて、八十度ほど(沸騰しない程度)で十五分、中火から弱火で加熱します。荒熱が取れたら清潔なボトルに入れ、冷蔵庫で保存してください。五倍の水で薄め、氷を入れて完成です。


梅ジュースの作り方

水分は大敵です。容器は必ず清潔な状態にし、煮沸消毒をして乾燥させることを省略しないことが大切です。

また、清潔な布に焼酎を含ませて全体を拭くということでもいいでしょう。

梅は、冷凍することにより、実の組織が破壊され、エキスが抽出されやすくなるそうです。

最後に鍋で加熱するのは、菌の繁殖を防ぐためです。

八十度で加熱すると、大体の菌は消滅するそうなので、長期保存をするためにも必ずこの工程を行うようにしましょう。

この梅ジュースの原液は、ゼリーやケーキ作りにも使うことができますよ。

子どももおいしく飲むことができるでしょう。

体力減退になりがちの夏を、この爽やかな健康ドリンクで、清々しく乗り越えましょう。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ