よもぎ餅のレシピ(作り方)

よもぎ餅の作り方

スポンサードリンク

お天気がいい日は、子どもと一緒に散歩しましょう!公園、土手、雑草が生い茂る空き地には、美味しい素材が隠れているかも知れません。

ここでは「よもぎ餅」を紹介します。

春先が「旬」であはりますが、一年中見ることができる逞しい草です。

春は新芽を食用に、季節はずれの葉は乾燥させてアミに入れて、浴槽に入れると体が温まりますよ。

材料(15~20個分)
もち粉・・・200g
砂糖・・・40g
水・・・160~180cc
よもぎの新芽・・・茹でて絞った状態で100g(市販の乾燥よもぎなら、水で戻して絞ったもの)
こし餡もしくはつぶ餡・・・400~500g
きな粉・・・適量

ヨモギ1. よもぎの新芽はよく洗って、他の雑草を取り除き、たっぷりのお湯で塩ゆでします。沸騰し、色鮮やかになったらザルにあげて流水で洗い、色止めをします。
※茹でる際、重曹を入れると色がより鮮やかになりますが、あえて入れず、自然の色を楽しむのもいいですね。


蓬2. 水気を絞ってみじん切りにし、すり鉢ですりつぶします。この作業は子どもでもできますので、大いに手伝ってもらいましょう。


3. ボールにもち粉、砂糖を入れ、水を加えながらゴムべらで混ぜていきます。この時点ではかなりゆるめですが大丈夫。ぬれぶきんを敷いた蒸し器に入れて35分程度蒸します。

4. 蒸し上がったらボールに取り出し、熱いうちに捏ねます。最初はもの凄く熱いのでヤケドに注意です。 手を冷水につけながら行うといいでしょう。なめらかになってきたら、よもぎを入れます。 こねながら混ぜて下さい。

5. 15~20等分し、きな粉を手に付けながら丸めて、広げます。

よもぎ餅のレシピ6. 餡を包んで、さらに周りにきな粉をつけて、出来上がりです。


よもぎ餅の作り方

よもぎは、新芽だけを摘みます。できるだけ群生しているところで「採りすぎ?」と思うくらい採りましょう。

茹でてすりつぶした「よもぎペースト」は、ラップに包んで冷凍保存できます。

出来上がったよもぎ餅は、すぐに食べるのが一番美味しいですが、余ったらタッパーに入れ、冷凍保存もできます。

食べるときは、レンジでチンします。

添加物ゼロ、保存料ゼロ。春になったらお日様を浴びて生き生きと育ったよもぎを摘んで、子どもと一緒に楽しんで下さいね。

よもぎは、日本や中国で古くから漢方として使用され、食べ物や薬としても重宝されてきた優秀な草なのです。

お隣韓国の「よもぎ汁」は体が温まるスープとして食され、サロンでは「よもぎ蒸しサウナ」で使用されています。

ビニール詰めの乾燥よもぎは、スーパーなどで一年中手に入ります。

扱いも簡単です。食べ比べてみて下さい。

旬の新芽は香りが違います。味も優しい仕上がりです。

子どもの味覚は、日々形成されています。

「お母さんの味」を噛みしめた、愛情豊かな子どもに育てましょう。

そして、季節に応じて「本物」を体験させてあげましょう。

自分で草を探し、摘み、洗い、作り、そして食べる・・・どんなご馳走よりも美味しいに決まってますね。

食はインスタントが当たり前、という貧困な味覚の子どもにはしたくないですね。

「好物は何?」と質問して「ファーストフードのポテト!」と言われたら、母親としてとても寂しい。

子どもと一緒に自然を楽しみ、食す・・・、いつも通りすがっていたよもぎの草は、実は素敵な共有時間を与えてくれる宝の草だったんです。

雑草と一緒にしてしまうなんて勿体ない!

幼い頃の味覚の記憶は一生忘れないと言われています。大切に育んであげたいですね。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連レシピ

レシピ集1

お子様の学資保険

このページの先頭へ